アラフォー婚活

【結婚相談所】お見合いは1日何件まで入れたら良いのか?【アラフォー婚活】

アイキャッチ155

結婚相談所での婚活での悩み。

お見合いは1日何件まで入れたら良いのか?

お見合いを1日3件やるのは良いのか?

1日に、できるだけたくさんのお見合いを入れたいが良いのか?

お見合いの1日の回数について、このように悩んでいるアラフォー女性は多いと思います。

今回は、この質問にお答えします。

スポンサーリンク

お見合いは1日に何件でもOK

結論から言うと、1日のお見合い件数は、何件でもOKです。

アラサー女性、アラフォー女性は、年齢、時間との闘いがあります。

・1歳でも若いうちに、男性と出会いたい。

・1日にたくさんの人と会うのは効率が良いと思うので、できればたくさんお見合いしたい。

・休日はできるだけ婚活に使うと決めている。

・短期間で成婚したいので、積極的に活動しようと思っている。

このように、婚活の意欲が高く、行動力がある人は、遠慮なくお見合いをしましょう。

1日に何件でもOKと言っても、1日に4件も5件もできることはないと思います。

できても3件までかな、と。

結婚相談所では、担当者がお見合いの日程調整をしてくれますので、「同じ日にたくさんお見合いを設定してもらって大丈夫です。」と伝えましょう。

スポンサーリンク

お見合いを1日に3回することのメリット

1日のお見合いの回数が増えると、良いこともあれば、悪いこともあります。

まずメリットは、

・1日に3人の男性と会えるので、出会いの効率が良い

・1日1回のお見合いよりも、準備の時間や交通費に無駄がない

・3人の人を比べられるので、交際の判断がしやすい

1つずつ見ていきましょう。

出会いの効率が良い

1日3人のお見合いは、出会いの効率が良いです。

普通に生活していて、結婚相手の候補となる人に、1日3人も出会うことはありません。

1日1人を3日繰り返すよりも圧倒的に効率が良いです。

効率の良い出会いをしたい人は、1日にたくさんのお見合いをしましょう。

ちなみに、出会いの数を増やしたくて、積極的に行動できる女性は、婚活パーティーもオススメです。

アイキャッチ31
【婚活パーティーは時間の無駄?】婚活パーティーで結婚を引き寄せた40代女性 婚活をしようと思ったときに、"婚活パーティーってどうなの?"と考えたことはありませんか? しかし、婚活パーティーに対する意見はなか...

準備の時間や交通費に無駄がない

お見合いを1回するのに、まず、女性はお化粧をしなければいけません。

1人の男性と会うためだけに、休日にわざわざお化粧をして、交通費を払って婚活に行く。

それよりも、1日に3人の男性と会えたら、無駄がないです。

結婚相談所で婚活している人は、「効率良く男性と出会いたい」と思っているはずです。

忙しい女性の大切な休日を、できるだけ効率良く過ごすことをオススメします。

交際の判断がしやすい

1日に3人の男性と会えると、男性を比べることができるので、今後の交際の判断がしやすくなります。

婚活パーティーが合っている女性も、「たくさんの男性を比べて見ることができるから良い」と言います。

色んな男性を比べて、

・Aさんは、Bさん、Cさんよりも、話が合った。

・Bさんは、Aさん、Cさんよりも、雰囲気が優しく、一緒にいて過ごしやすそうだった。

・Aさん、Bさんは、自分のプロフィールをきちんと見て、お見合いに臨んでくれている感じだった。

何回お見合いを重ねても、お見合い後の交際の判断は迷うものです。

1日に複数人と出会えると、相対的に男性を見ることができるので迷いも少なくなります。

もちろん、比べた結果、3人とも交際希望でも構いません。

スポンサーリンク

お見合いを1日に3回することのデメリット

お見合いを1日3回すると、「効率の良い婚活ができる」ことが、何よりもメリットです。

しかし、デメリットもありますので、見ていきましょう。

・体力、気力ともに疲れる

・複数の男性と同時進行で交際することに慣れていないと、途中で疲れる可能性がある

デメリットは、「疲れる」ということです。

体力、気力ともに疲れる

「1日に3件のお見合い」は、1日仕事です。

朝~昼~夕方まで、もしくは、昼~夕方~夜まで時間を使います。

しかも、お見合いの場所が違う場合は移動をしながら、時間を潰しながら、1日を過ごす必要があります。

「1日のスケジュールを考えるだけでしんどい」という人は、1日3回のお見合いはオススメしません。

ちなみに、私は長い婚活歴の中で、1回だけ「1日3回のお見合い」をしましたが、疲れすぎて3人ともお断りしました。

アイキャッチ86
【量より質】お見合いはある程度回数が必要?【1日に何回までOK?】 結婚相談所でお見合いを始めると、次のような疑問が出てきます。 できるだけたくさんお見合いをしたいが、1日に何人までお見合いをし...

「自分も疲れてしまうタイプだ」と思う人は、1日に2人までにすることをおすすめします。

複数交際に疲れる可能性がある

結婚相談所での婚活は、基本的に複数の男性と並行して交際を進めます。

婚活では、「並行して交際すること」に慣れることがとても大切なわけです。

例えば、1日に3人とお見合いをして、3人とも「仮交際に進みたい」と判断したとします。

しかし、「仮交際が3人も増えるのは、自分に合ってないかもしれない。2人にしておこう。」と思い、1人との交際を断ってしまうかもしれません。

1日に1人か2人とお見合いをした場合は、この3人全員と仮交際に進むかもしれないのに、です。

このように判断してしまうのは、非常にもったいないことなので、「同時に交際スタートするのに耐えられるのは何人までか?」と考えると良いです。

結婚相談所でも、「仮交際は最大で3人ぐらいまでにおさめることをオススメします」と言われています。

同時交際の人数は人によって異なりますが、自分のキャパシティを考えて、1日のお見合い回数を設定するようにしましょう。

1日のお見合い回数の適正量は人それぞれ

1日3回のお見合いをすることのメリットとデメリット、いかがでしたか。

婚活女性は、

一日でも早く結婚したい!

という思いと、

マイペースで婚活したい

という思いを持っていると思うので、バランスよく婚活していきましょう。

ちなみに、コロナ禍でオンラインお見合いも増えてきています。

オンラインお見合いならば、お見合いの合間の移動や、時間を潰す必要もないので、回数を増やしても良いかもしれません。

ご自分に合ったお見合いの回数、お見合いの方法で、気分良く婚活をしていきましょう!

アイキャッチ157
【アラフォー婚活】破局のショックや婚活疲れの癒やしに占いを【悩んでOK】 婚活中はたくさんの悩みが出てきます。 婚活をしなければ、こんなに悩むことはないのに! なぜ私だけ、こんなに辛い思いをしないと...
アイキャッチ86
【量より質】お見合いはある程度回数が必要?【1日に何回までOK?】 結婚相談所でお見合いを始めると、次のような疑問が出てきます。 できるだけたくさんお見合いをしたいが、1日に何人までお見合いをし...

アラフォー女性が婚活を成功させる方法(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ144
【婚活まとめ】アラフォー女性が厳しさを乗り越えて成婚退会する方法 「アラフォー婚活」のまとめ記事です。 「結婚したい」という希望や、「結婚する」という目標を達成するために婚活を始める人達がたくさん...

自分に合った婚活を知りたい方はこちら

* クリックすると外部リンクに移動します。

婚活のお供に!オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!