アラフォー婚活

【婚活の悩み】教師が相手で連絡が遅い!会えない!【連絡・デートの頻度】

アイキャッチ158

教師が恋人であったり、教師と付き合いたいと思って連絡を取り合っていたり。

婚活でも教師の男性や女性と出会うことも多いと思います。

教師を相手にするときに出てくる悩み。

・LINEで連絡を取り合っているけれども、返信が遅い

・休みの日も出勤していて、なかなか連絡が取れない

・土日にデートの約束をしたいが、なかなか会うことができない

このように、連絡やデートがなかなか出来ないので不安だと感じる人が多いようです。

雪乃
雪乃
今回は、教師と交際を進めていきたい人が、相手の連絡が遅くても、相手となかなか会えなくても、安心して進めていけるように、教師の生活についてお話しします。

スポンサーリンク

教師の相手と連絡をとれない理由

教師は校種(小学校・中学校・高校など)によらず、忙しいです。

「相手が教師で、LINEの返事が遅すぎる!」というのは、仕事中はLINEを見る時間がないからです。

見る瞬間があったとしても、返信は後回しにする場合も多いです。

教師の1日のスケジュールを見てみましょう。

【平日】教師の1日のスケジュール

教師は、子どもの登校から下校まで、職員室でゆっくりする時間はほとんどありません。

平日のスケジュールはだいたいこんな感じです。

7:00~8:20:出勤

8:20~:職員会議

8:30~16:00:終わりの会終了、下校

16:00~:(小学校)下校指導、(中学校・高校)部活動

~18:00:部活動終了、下校

本当にざっくりですが・・・。

いろんな会議がある日もあれば、放課後に生徒指導、家庭連絡・訪問をすることも多いです。

それ以外に、教材研究や成績処理、道徳・学活・総合・行事の準備など、夜遅くまで働く日が続きます。

職員室に教師が集まるのは、部活動が終了してからです。

ここでゆっくりできれば良いのですが、仕事は山積みなので、LINEをしようとは思えません

良い学校では、「先生方~、20時までには帰れるようにしてくださいね~」と管理職が声をかけてくれます。

今はかなり少なくなりましたが、退勤のリミットがない学校は23時でも24時でも教師が働いている場合もあります。

結局、LINEを返そうと思うのは、帰宅してからということになります。

しかし、夕食を食べて、お風呂に入って、そのまま寝てしまった、という場合は、夜にLINEを返さなかったという場合もあり得ます。

この場合、朝起きて、LINEを返せば良いのですが、朝も時間がなくそのまま夜に、ということもあります。

教師はLINEの返信があればOK

教師は仕事中は、なかなかLINEを返すことができません。

寝過ごして返信ができない場合もあります。

しかし、教師からLINEの返信があれば、交際は順調だと思ってもらって大丈夫です。

「LINEの返信が遅い!」ということは、忙しすぎたり、寝落ちてしまったりしていても、あなたは、「LINEを返そう」と思える相手ということです。

教師本人も、返信が遅くなっていることは理解しているので、「返信遅くなってごめん」という謝罪の言葉もあるはずです。

教師が相手の場合は、「毎日忙しく働いてるね~」とおおらかな気持ちで連絡を待ってもらえると良いです。

それでもLINEの連絡頻度が気になる場合は、会った時に「どれぐらいが良いか」を2人で話すようにしましょう。

スポンサーリンク

教師の相手となかなかデートできない理由

教師との連絡頻度も気になりますが、会いたくても会えない場合もヤキモキしますよね。

相手が教師だと、土日の休みになかなか会えないということも多いです。

それは、土日も家で仕事をしていたり、部活動があったりするからです。

教師の休日の様子とは・・・。

教師の休日の過ごし方

小学校の先生は、土日に教材研究をしている人が多いです。

担任の場合は全教科を担当するので、1週間の授業の準備をするのも大変です。

夏休みを利用したり、ベテランの先生は知識の蓄積で楽になったりはします。

中学校・高校の先生は、土日は部活動をしている人が多いです。

今は、1日潰れる部活は少なくなりましたが、土日ともに出勤している人は多いです。

「まるまる1日休める日を、月に1日もとれない」ということもあり得ます。

やっと平日を乗り切ったと思っていたのに、土日ともに仕事となると、「少しでも家でゆっくりしたい!」と思うのは当然です。

なので、教師が相手だと、なかなか会えない!という事態が発生しやすいのです。

教師が相手でも月に3回は会いたい

教師は土日も忙しい、とは言っても、相手も交際を進めたいから連絡を続けているわけで、適度に会わないと進む話も進みません。

婚活の仮交際では、「1週間に1回の頻度で会う」という基準があります。

この基準は、関係を深めていくためには、最低限これぐらいの頻度で、というものです。

しかし、教師が相手だと、相手はしんどいと感じるかもしれません。

なので、お見合いなどの初対面のあとは、

1回目のデートは1週間後

2回目のデートはさらに1週間後

3回目のデートはさらに2週間後

4回目のデートはさらに1週間後

これぐらいの「月に3回は会う」頻度で良いです。

また、1回のデートもお茶で2時間とか、ランチで2時間といった、あまりしんどく感じない内容にしてみましょう。

たまには、半日や1日のデートも良いですが、「休日はゆっくりしたいのに・・・」と感じることも多いです。

相手が、気力・体力が有り余っている人ならば問題ないですが、教師は疲れが溜まっている人も多いです。

1日に会う時間を伸ばすよりも、1日は短時間でも会う頻度を増やしていきましょう。

また、相手が本当に忙しい時期は、LINEやZOOM、Skypeで顔を見ながら通話するのもオススメです。

連絡頻度と同じく、デートの頻度も、会った時に2人で話し合うと良いです。

スポンサーリンク

教師は仕事が忙しくて交際する暇もない

婚活相手が教師である場合、「交際が順調に進んでいないかも・・・」と悩むことは多いかもしれません。

教師は、仕事が忙しくて交際する暇もない職業です。

しかし、「平日は忙しい」「休日も仕事をしている」という職業を理解してもらえると、教師としてはありがたいです。

毎日忙しくしている教師が、「交際をしたい!」と思って連絡を取り合う相手、自分の時間を使って「会おう」と思える相手があなたであるわけです。

これを頭の片隅において、ゆったりと交際を進めていってください。

もちろん、忙しくても、連絡を取り合い、2人で会うことが大切です。

連絡やデートの頻度は、2人の関係が不安になる原因になることが多いので、2人で会ったときに意識合わせをしてみてください。

教師に限らず、忙しい人と付き合う場合は、相手の生活を知り、相互理解することで、不安をなくしていきましょう!

アラフォー女性が婚活を成功させる方法(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ144
【婚活まとめ】アラフォー女性が厳しさを乗り越えて成婚退会する方法 「アラフォー婚活」のまとめ記事です。 「結婚したい」という希望や、「結婚する」という目標を達成するために婚活を始める人達がたくさん...

自分に合った婚活を知りたい方はこちら

* クリックすると外部リンクに移動します。

婚活のお供に!オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!