教員採用試験

【教採対策その5】過去問分析が肝。論作文はパターンを作成して覚える【書く面接試験】

アイキャッチ50

教員採用試験で、論作文の試験がある自治体は多いです。

私が合格した自治体は2次試験で、論作文がありました。

論作文で何を書いたら良いかわからない。

論作文はぶっつけ本番でいこうとして、いつも書けずに終わってしまう。

論作文は捨てて、筆記試験や面接を頑張ろうと思っている。

このように、教員採用試験の論作文の対策方法がわからないという人がとても多いです。

筆記試験や実技試験、面接試験は対策を十分するのに対し、論作文の対策はどうしても後回しにされがちです。

しかし、論作文も他の試験と同じように、対策をすることで自分の得点源にすることができますので、進んで勉強をしていきましょう。

どんな試験も同じですが、教員採用試験でも、試験によって穴がない方が合格の確率が上がります。

合格を確実なものにするために、論作文の特徴を知り、対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

教員採用試験の論作文は書く面接試験である

論作文は問題に対して、自分の意見を書いて表現する試験です。

試験官に自分の意見を述べて、自分を知ってもらうわけです。

面接試験で自分の意見を言ったり、自分の良さをアピールするのと同じように、論作文でもアピールしましょう。

雪乃
雪乃
論作文は、面接試験対策と同時に進められますので、教職教養や面接試験、集団討論の対策も同時にできることになります。

「論作文は書く面接試験」と心得て、準備していきましょう。

アイキャッチ45
【教採対策その3】教員採用試験・面接試験で問われる力とは【面接試験の真相①】 教員採用試験では、筆記試験のほかに面接試験や実技試験が行われます。 教員採用試験の面接試験を、どのように対策すればよいかわから...
アイキャッチ46
【教採対策その4】教員採用試験・面接試験の3種類の質問とは【面接試験の真相②】 前回は、教員採用試験の面接で問われる力についてお話ししました。 今回は、面接の具体的な質問と、その回答について書いていきます。...

論作文と面接試験の違いとは

論作文と面接試験の対策は、重なる部分が多いですが、論作文だけの対策も必要になってきます。

論作文の特徴は以下の通りです。

・問題に正対していることを示す。

・自分の意見を2つ端的に述べる。

・文字数の制限内、時間の制限内で、結論まで書く。

これを見ると、論作文は堅いなあ、と感じると思います。

面接は対面で行われるので、表情で伝わることがあったり、何となく思いを話すだけで面接官に自分の意見を伝えられたりします。

しかし、論作文は文章だけで自分の言いたいことを伝えなければいけません。

しかも文字数制限があるため、無駄なことを省き、重要なことだけを書く必要があります。

教職教養で学んだことを面接対策に活かし、面接対策で並べた自分の意見を、論作文でさらにまとめていく必要があるのです。

スポンサーリンク

【論作文の対策】過去問でパターンを準備して覚える

論作文の対策は具体的に何をすればよいのか、お話ししていきます。

論作文の攻略手順です。

[準備運動]

・自治体の過去問を書き出す。

・論作文は「序論」「本論」「結論」の三部構成にすれば良いことを知る。

[HOP]

・「序論」「結論」は2パターン程度に絞る。

・「本論」の材料を集め、パターンを作る。

[STEP]

・作ったパターンで、受験する自治体の過去問に対応できるか、当てはめられるかを確認する。

・できるだけ少ないパターンで対応できるようにパターンを改良する。

[JUMP]

・作ったパターンをひたすら覚える。

雪乃
雪乃
まずは、ここでも過去問チェックです!過去問分析が終わったら次に進みましょう。

実際に論作文を書くにあたって、三部構成にすると展開しやすいということを知ってください。

そして、[HOP]と[STEP]を熟考していきましょう。

「序論」「本論」「結論」の役割

自治体によって論作文の文字数はさまざまですが、400~2000字にだいたいが当てはまります。

三部それぞれの文字数の割合は以下の通りです。

「序論」15~20%

「結論」60~70%

「本論」10~15%

600字の論作文の場合、序論は90文字~120文字におさめるとバランスが良いということです。

厳密に守る必要はありませんが、ある程度範囲内におさめておくことが大切です。

【序論】論作文の入りでに正対していることを示す

ここからは、「序論」「本論」「結論」に分けて解説します。

まずは序論です。

・序論で問題に正対していることを示す。

・序論は2パターン程度に絞る。

論作文では、序論を読めば、受験生が問題に正対して意見を述べようとしているかがわかります。

序論がとても大切です。

【パターン1】「確かな学力を身につけるための取り組みについて述べよ。」

(※1)確かな学力は、豊かな心、健やかな体と共に、生きる力の要素の一つである。(※2)現代の子どもたちは、変化の激しい社会を生きていかなければならない。そのため、子どもたちには○○○○○○○○が求められている。私が社会人として働く中で、○○○○○○○○をもった人は生き生きと自己実現し、社会で活躍していると実感している。社会が必要とする○○○○○○○○を育成するために、以下2点の取り組みを実践する。(200字)

(※1)の文は、問題によって変更をする。

・「生きる力」は、これからの時代に求められる力である。

・主体的に学ぶ態度を身に付けるためには、学習意欲の向上が不可欠である。

・分かる授業とは、「確かな学力」の根幹をなすものである。 など

(※2)の「変化の激しい社会」は、問題によって変更をする。

グローバル化・多様性が進む社会・変化の激しい社会 など

パターン1では、「子どもたちにさまざまな力をつけるためにどのような取り組みをするか」というスタンダードな問題に対応できます。

序論で文字数に余裕があれば、「私が社会人として働く中で」のように、子どもたちが社会で生きていくために必要な力であることを実感しているということを述べて、文章を展開させると良いです。

【パターン2】いじめについて

いじめは人間として絶対に許されない行為である。しかし、いじめはどの学校でも、どの子どもにも起こり得る問題であることを認識する必要がある。いじめられた子どもは心に大きな傷を負うことになる。いじめを防ぐために、未然防止、早期発見・早期対応が重要である。(125字)

いじめについての問題も頻出します。

いじめの問題の場合は、この内容で書くと決めて文章のをつくっておくと良いです。

【本論】問題に対する具体的な取り組みを2点述べる

序論で問題に正対していることを示し、本論では具体的な取り組みを述べます。

800文字程度までならば取り組みは2つ書けば十分です。

・本論で自分の意見を2つ書く。

・本論の内容はパターン化して準備する。

本論の内容は、5つほどパターンを作れば、それらを組み合わせることで対応できます。

雪乃
雪乃
「この問題は、序論+本論パターン3+本論パターン4+結論で書く!」と決められるように、本論のパターン作りをしましょう。

【パターン1】

第一に、○○科の授業において、繰り返し学習を実践する。学習した内容を何度も復習することにより、基礎的・基本的な知識・技能は定着すると考えるからである。そのために、授業の導入部分では前回の復習を行う。また、定期的に復習テストを行う。復習テストは生徒の学習進度に合わせた問題を準備し、個に合わせた指導を充実させる。(175字)

【パターン2】

第二に、PDCAサイクルを活用した授業づくりを実践する。〇〇の授業は、特に習熟度に差が生じやすい教科である。生徒全員に分かる授業を実践するためには、まずは指導計画をきちんと作成し、授業を行うことである。次に授業中の生徒の発言や問題の解答状況を注意深く観察することにより、生徒の習熟度を確認し、自らの指導を振り返る。特に間違いが多い問題は、簡単な例に戻り、クラス全体で復習をする。生徒の反応を生かした適切な指導をし、生き生きとした授業を行う。(228字)

パターン3では「〇〇科の授業の言語活動、話し合いの時間について」

パターン4では「〇〇科の授業で人との関わり方を学ぶ機会を設定すること」

パターン5では「生徒の小さな変化を見落とさないように生徒に寄り添うこと」

これらのパターンを準備することで、〇〇力、思考力・判断力・表現力等の育成についてなどさまざまな問題に対応できます。

パターン4と5はいじめの問題の未然防止、早期発見・早期対応の取り組みに当てはめられます。

文字数によってボリュームを増やしたり、ご自分の教科に合わせた内容にしていくと良いです。

本論がメインですので、パターンによって内容が重複することのないように、無駄のない厳選した内容に改良していきましょう。

【結論】序論と同じ内容を述べ、意欲を示す

・結論は序論から論点を一本化して締める。

・最後に自分の意思や決意を述べる。

結論は序論で述べた自分の意見をもう一度述べて、論作文の論点を一本化して文章を締めます。

最後の一文は教職に対する意欲を述べると、自分の決意を示すことができます。

【パターン1】

(※1)以上の取り組みから、○○○○○○○○を育成する。生徒が○○○、社会で活躍できる大人に成長できるように、全力で日々の教育活動に取り組む決意である。自己実現を図るとともに、社会で活躍できる大人に生徒が将来、社会生活をよりよく送っていけるように、熱意と忍耐をもって生徒の指導に当たっていく。(140字)

(※1)の文は、問題によって変更をする。

・○○○○○○○○は教育活動全体を通して身に付けられるものである。 など

【パターン2】

国際化・情報化が進む社会の中で、生きる力を身に付けることは非常に重要なことである。この生きる力のために子どもたちに○○を身に付けさせ、教師として子どもたちの○○向上のために励んでいきたい。(94字)

結論は序論と同じように、問題に正対していることを再度述べ、自分の意欲で終わると文章がスマートになります。

スポンサーリンク

【過去問分析】論作文はパターンを作成して覚える

[HOP]で、「序論」「本論」「結論」の準備が出来たら、[STEP]過去問にパターンを当てはめていきます。

論作文として、成立するかを確認していきます。

「序論」「本論」「結論」のパターンが不十分な場合、内容が重複している場合は、熟考しましょう。

[STEP]は過去問に対応できるパターンが揃っていればOKと判断してください。

[STEP]が終われば、[JUMP]。

作ったパターンをひたすら覚えるだけです。

[JUMP]まで完ぺきに出来れば、論作文の力だけでなく、面接の対応力も十分に備わっているはずです。

論作文の攻略手順を踏めば、教育に対する自分の考えがまとめられますので、ぜひとも対策として実践してみてください。

教育採用試験の合格を勝ち取れるように、応援しています。

アイキャッチ87
【教員採用試験】おすすめの参考書で徹底的に勉強!【やり込み重視】 教員採用試験は対策をきちんとすれば、十分に攻略できます。 試験内容ごとに、準備をしていきましょう。 【教員採用試験の試験内容...
ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!