教員採用試験

【教採対策その3】教員採用試験・面接試験で問われる力とは【面接試験の真相①】

アイキャッチ45

教員採用試験では、筆記試験のほかに面接試験や実技試験が行われます。

教員採用試験の面接試験を、どのように対策すればよいかわからない。

面接試験で想定される質問の種類が多すぎて、どのように答えればよいかわからない。

筆記試験はそこそこ自信があるけれども、面接試験は自信がない。

このように、教員採用試験の面接試験のことで悩んでおられる人も多いです。

面接試験は面接官との相性があったり、質問内容によって試験の出来栄えが変わる可能性があったり、受験生にとって不確定要素が多く、なかなか自信をもてないことも頷けます。

しかし、面接試験の真相を知ることで、十分に対策し、自信をもって面接試験に臨めるようになります。

教員採用試験の合格を確実なものにするために、面接試験を知っていきましょう。

雪乃
雪乃
面接対策を十分にして、日常的な会話と同じようにリラックスして喋れるようになれば完ぺきですね。
スポンサーリンク

教員採用試験の面接試験で問われる力とは

はじめに、「面接試験では何を問われているのか」を確認しましょう。

面接は、バイトの面接や、高校や大学受験の面接、会社の面接など、さまざまな場所で行われます。

あらゆる場所で面接官が確認したいこと。それは、

【面接官の疑問】この人は一体どんな人なのだろうか?

ということです。

「面接官は受験生のことを一切知らないので、自分のことを面接官に伝わるように話す」ことが面接の目的です。

「そんなのは当たり前だ!」と思うかもしれませんが、これを突き詰めて、面接対策をしていくことが大切です。

【面接試験で問われる5つの能力・適性】

①聞く力、話す力

②自己分析力

③教育現場での想像力、対応力

④教員への適性

⑤人間性

一つずつ見ていきましょう。

①聞く力、話す力

当然のことなのですが、大切なことです。

面接は、面接官が受験生に質問をして、受験生が面接官に答えます。

受験生は、面接官が意図していることを正しく聞き取り、その質問に対して端的に自分の意見を述べるようにします。

面接ではこの2つのステップ、

①面接官が意図していることを正しく聞き取る

②質問に対して端的に自分の意見を述べる

これらをスムーズにできるようになれば良いわけです。

面接試験での「①面接官が意図していること」は、「面接官は受験生の何を知りたいと思っているか」を十分理解する必要があります。

質問によって、「答えるべきこと」がありますので、対策していきましょう。

また「②質問に対して端的に」については、対策が不十分だとダラダラと喋って、面接官に真意が伝わらないパターンが多いです。

質問に対して、必要なことだけを論理的に話す練習をしましょう。

話す力は、声の大きさや速度も重要です。

面接での「①聞く力、話す力」は、面接の意図を理解していることを表現する力です。

②自己分析力

面接では、自分の考えや意見を話します。

面接官に「自分がどんな考えをもっている人間か」を説明するためには、「自分がもっている考え」「自分はどんな人間か」を知る必要があります。

それが自己分析です。

自己分析は、正しいのかどうかは問題ではありません。

「自分のことがよくわかりません。」という人がいますが、「○○が好き」とか「今まで○○をがんばってきた」とか、始めはそんな答えで大丈夫です。

自分のことを理解することが一番難しいと思いますので、「自分は(おそらく)こんな人間です。」ということを面接官に伝えればよいのです。

ここで大切なことは、自己分析によって得た自分の考えや自分の性質を、「自分には○○という考えがあり、教師になりたい」や「自分の○○の性質を教育に役立てることができる」というように、教師に結びつけることです。

自己分析力は、志望動機「なぜあなたは教師になりたいのですか?」という質問の答えになる重要な力です。

③教育現場での想像力、対応力

教師の仕事は忙しいです。

また現場では、日々さまざまなことが起こります。

「③教育現場での想像力、対応力」というのは、一言で言うと「臨機応変さ」です。

この力を面接で問うのはなかなか難しいですが、面接官は「この人は現場で十分やっていける人だ」と確認したいわけです。

教育現場で臨機応変に行動するためには、現場の出来事を想像し、対応する必要があります。

「想像力」はものごとを、知識や経験から理解することです。

想像力があればあるほど、ものごとを多角的に見れるようになります。

これらの力は、

「教育現場のこのような場面で、あなたの対応を教えてください。」

「保護者のこのような態度に、あなたはどのように対応しますか。」

といった質問で確認されます。

④教員への適性

「教師に求められる資質能力」というのは、文部科学省によって掲げられています。

教育現場にいると、教師には本当に多くの力が必要だということが理解できます。

「③教育現場での想像力、対応力」だけでなく、「教職に対する情熱」や「教育の専門家としての知識・知恵」も必要です。

これらを面接で確認し、数値化することは難しいですが、「教職に対する情熱」は面接の態度や内容を通して確認することができますし、「教育の専門家としての知識・知恵」は教員採用試験すべてを通して確認されています。

面接でこれらの力は、

「どのような教師になりたいですか」

「教職になって、特に力を入れたいことは何ですか」

といった質問で確認されます。

⑤人間性

最後は「人間性」です。

人として魅力的かということです。

「人間性」とは枠が大きすぎてよくわからない、となってしまうかもしれません。

面接官は受験生の人間性として、どこを見ると思いますか?

面接官も人間です。

教員採用試験の面接官は、だいたいが、教員委員会だったり、学校の管理職にであったり、模擬授業が同時に行われる場合は同じ教科の教育委員会の人間であったりします。

つまり、面接官が「この人ならば職場にいてほしい」とか、「この人に教師になってほしい」と思うことが大切になります。

あなたならば、どのような人と一緒に働きたいですか?

一生懸命働く人

表裏のない人

明るく元気な人 など

この質問にはいろんな意見が出ると思いますが、内容に偏りはないはずです。

「自分は〇〇の性質があって、これは職場でも頼りにされるだろう」というものがあったら良いですね。

自分の人間性を知るためにも、自己分析を深めてみてください。

スポンサーリンク

面接試験で問われる力を面接官に伝える

教員採用試験の面接を受験するときに不安がある場合。

「面接で何を喋れば良いかわからない。」

「面接官は自分の何を確認しているんだろう?」

このような疑問をもちながら面接に臨んでいるようでは、面接官に自分の良さは伝わりません。

面接試験では、面接官は「この人ならば一緒に働きたい」と思えるかどうかを確認しています。

面接官の質問の意図どおりに、回答で自分をアピールできるようにしていきましょう。

次回は、面接試験の具体的な内容を見て、何を答えるべきかを解説していきます。

アイキャッチ46
【教採対策その4】教員採用試験・面接試験の3種類の質問とは【面接試験の真相②】 前回は、教員採用試験の面接で問われる力についてお話ししました。 今回は、面接の具体的な質問と、その回答について書いていきます。...
アイキャッチ87
【教員採用試験】おすすめの参考書で徹底的に勉強!【やり込み重視】 教員採用試験は対策をきちんとすれば、十分に攻略できます。 試験内容ごとに、準備をしていきましょう。 【教員採用試験の試験内容...
ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!