教師の仕事術

【あるある】職員室の雰囲気が悪いと悩む先生へ【人間関係は自己分析と他者理解】

アイキャッチ137

教師の悩みはたくさんあります。

・自分の教師力

・子どもや保護者との関係

・職員同士の関係

教師は、教師としての資質をベースとして、周りの先生方と協力して、子どもの教育に関わっていきます。

意欲のある先生は、自分の教師力を伸ばすための努力を惜しみません。

しかし、子どもや保護者、職員同士の関係は自分の努力ではどうにもならない、と悩んでいることも多いです。

特に、職員同士の関係が悪いと、職員室にいることがしんどくなり、先生が学校に来にくくなってしまいます。

「職員室の雰囲気が悪い」状態で、教師が意欲的に働くのは難しいです。

今回は、職員室の雰囲気をどうにかしたい先生に向けて、原因と改善策をお話ししたいと思います。

アイキャッチ74
【教師あるある】職員室の人間関係を円滑にするための3つのポイント【情報共有】 教師という仕事は、人間関係を円滑にできれば、ほぼ問題なく過ごすことができます。 教師の技術力ももちろん必要ですが、人間関係にも気を...
スポンサーリンク

職員室の雰囲気が悪い原因とは

職員室の雰囲気が悪い原因を挙げると、たくさんあるかもしれませんが、大きく分けると以下の3つが考えられます。

・管理職がイマイチ

・職員室に派閥がある

・学年の雰囲気が悪い

管理職がイマイチ

1つ目は管理職。

だいたいの学校で、管理職は校長と教頭の2人です。

「管理職がイマイチだなあ」と感じる原因は、

・校長と教頭の仲が、見るからに悪い

・校長と教頭で、言っていることが違う

・校長や教頭が高圧的・威圧的で、他の教師が発言・活動しにくい

・校長や教頭が決断できない人で、話がなかなか進まない

・校長や教頭に自分や学年の努力が評価されにくい

挙げ出すと永遠に出てきそうですが、管理職が教師のことを考えて動いてくれない学校の場合、職員室の雰囲気はあまりよくないです。

しかし、管理職以外の教師が、管理職を理解するのはなかなか難しいです。

実際に管理職の立場になった者にしかわからない苦悩もあるでしょうし・・・。

管理職が原因で、職員室が嫌だと感じることもあるかもしれませんが、よっぽどのことではない限り、「そんな人なんだ」と流して対応しましょう。

管理職以外でも、教務主任や生徒指導部長などの校務分掌の長がイマイチの場合もありますが、そこは管理職と同様、「そんな人なんだ」と捉えると良いです。

職員室に派閥がある

2つ目は職員室に派閥がある場合です。

最近は、教諭の異動が4~7年ほどの短期間で行われるようになったため、古い人が出ていき、新しい人が入ってくる、良い流れができています。

人の流れがあると、新しい環境になるため、派閥も作られにくいですが、まだまだ古い人が職員室を陣取っている場合は、嫌な派閥があるかもしれません。

・気に入っている教師としか喋らない

・自分の敵だと思う教師を目の敵にする

・自分が嫌いな教師と喋っている教師のことも嫌う

職員室でこのような振る舞いをされると困りますし、書いていて嫌になってきますが・・・。

しかし、このような行動をする教師はいつの間にか肩身が狭くなりますし、先程の管理職と同様、「そんな人なんだ」と捉えて程よい距離感で接するようにしましょう。

もちろん自分は、誰でも平等に公平に接することが大切です。

学年の雰囲気が悪い

3つ目にして最大の原因は、「学年の雰囲気が悪い」です。

上2つの原因は、管理職や職員室の一部の問題なので、程よく距離をおけばある程度は解決します。

しかし、学年集団の雰囲気が悪い場合はそうはいきません。

学年の雰囲気が悪い原因として考えられるのは、

・個人の単独行動が多く、チームとしてまとまっていない

・それぞれの役割が曖昧で、「自分は○○をすればOK」というものがない

・情報共有が少なく、学年内の風通りが悪い

・教師同士の雰囲気が悪く、学年の仲が良くない

・教師一人ひとりは頑張っているが、学年集団に一体感がない

・自分の学級経営に精一杯で、学年の足を引っ張っていると感じる

・教科指導や生徒指導を任せられない教師がいて、フォローがしんどい

・突発的によく休む教師がいて、他の教師の仕事量が多くなってしまっている

学年集団の様子を挙げると、自分に身近な出来事として感じます。

挙げた内容はほんの一例ですが、

・学年がチームとして動いていない

・自分の指導力に自信がない

・自分以外に指導力のない教師がいる

これらが原因で、学年の雰囲気が悪くなってしまいます。

学年の教師集団がしんどいのは、教師にとって一番辛いことです。

スポンサーリンク

学年の雰囲気を良くするために

では、学年の雰囲気を良くするための改善策を見ていきましょう。

学年が良い雰囲気になるのは、

・学年がチームとして動いている

・教師一人ひとりが、自分の指導力を懸命に発揮できている

・色んな教師が集まって、強みを活かし、弱みをフォローし合えている

このような時は、教師一人ひとりの満足感や達成感が高まり、学年の雰囲気も良くなります。

結局、一人ひとりが自分を理解し、他の教師のことも理解し、協力し合うことが大切なわけです。

そのための、近道は、自己分析と他者理解をすることです。

教師の自己分析とは

教師には総合的な能力が求められます。

・圧倒的なカリスマ性で、子ども達を引っ張っていくことができる

・きめ細やかな指導で、子どもや保護者から信頼があつい

・子どもたちを褒めて伸ばし、時には厳しく接し、良さを活かせる学級経営ができている

・子どもたちの1年後、2年後、3年後、社会に出てからをイメージして関わることができている

・子どもたちが安心できるルールやマナーを徹底して身に付けさせることができている

・子どもたちがどんなことにも興味をもてるような指導力・話術がある

・子どもたちを良くするためのアイデアが次々と出てきて、実行に移すことができる

・時間管理能力に優れている

・事務作業に手間取ることはない

・学年教師のことを考え、学年集団を円滑に運営できる

これらを当然のように出来ないと教師失格か?というと、そうではありません。

そして、始めからすべてをできる教師がいるわけないです。

もちろん、人それぞれ、始めから得意な分野があります。

反対に、教師経験を積んでも、どうしてもできない、苦手なこともあるはずです。

しかし、「自分は○○が得意で、☆☆が苦手」ということが分かっていないと、「自分はあの先生のように☆☆を上手くできないから、いつまでもダメなんだ」と思ってしまいます。

自分の得意・苦手を理解すると、

・「自分は○○します」と学年のために動くことができる

・「自分は☆☆が苦手なので、手伝ってもらえますか」「教えてもらえますか」と人に協力を求めることができる

自分を知ることが、学年のため、子どものために繋がります。

教師の他者理解とは

教師が自分の強み・弱みを知ることは、他者理解にも繋がります。

先程の「☆☆が得意な先生」は、あなたが得意な○○が苦手かもしれません。

「自分はできない」と思っているときは、周りの人が何でもできるように見えてしまいます。

また、「自分は何でもできる」と思っているときは、周りの人が何もできないように感じてしまいます。

しかし、実際は人それぞれ得意・苦手があるはずです。

自分を正しく理解できると、人の得意・苦手も見ることができるようになります。

「自分は○○が得意だから、苦手そうなあの先生を手伝ってあげると、先生は助かるかもしれない」

「自分は☆☆が苦手だから、得意なあの先生に教えてもらって少しでも足を引っ張らないようにしよう」

強みを人のために活かし、弱みをフォローしてくれる人のありがたさに気がつくことができます。

自分を知って、周りの先生のことも理解することで、学年の雰囲気が良くなることは間違いありません。

仕事・人間関係の課題を解決する自己分析ツール『ウェルスダイナミクス』について、記事を書いていますのでご覧ください。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...
スポンサーリンク

職員室の雰囲気よりも学年の雰囲気を大切に

「職員室の雰囲気が悪い」とお悩みの場合、ほとんどが「学年の雰囲気がしんどい」に行き着くと思います。

管理職や遠くで揉めている人達は、距離をとっておけば何とでもなります。

しかし、学年教師の雰囲気が悪い場合はそうはいきません。

まずは自己分析をして自分に自信をもち、他の先生方と協力して良い学年にしていってほしいです。

毎日忙しく働いている先生方が、意欲的に教育活動に取り組めるように応援しています。

アイキャッチ74
【教師あるある】職員室の人間関係を円滑にするための3つのポイント【情報共有】 教師という仕事は、人間関係を円滑にできれば、ほぼ問題なく過ごすことができます。 教師の技術力ももちろん必要ですが、人間関係にも気を...
ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!