教師の仕事術

【教師も断捨離できる】職員室の机に物を置かずにスッキリ仕事を【収納グッズは不要】

アイキャッチ42

教師の仕事場所には、教室や運動場、音楽室、職員室などがあります。

学校のこういった場所には、基本的にモノがあふれています。

たくさんの子どもや先生が生活しているので、モノがあふれるのはしょうがないことですが、限度があります。

紙文化である学校における”紙の断捨離”について記事を書いていますので、参考にしてください。

今回は、子どもたちが入ることができない場所、”職員室の机の断捨離”についてお話ししたいと思います。

雪乃
雪乃

私の机の上はかなりスッキリしている方でしたが、仕事が立て込んでくると、机がゴチャゴチャしてイライラしました。

周りの先生たちに、「先生、珍しく散らかってますね。」と言われたら、とりあえず机の上を片付けてから仕事をするようにしていました。

気持ちがスッキリしないと、はかどるモノもはかどらないので。

職員室の机の上がモノであふれる3つの理由

職員室の机には、プリント以外にもいろんなモノが転がっています。

パソコンやタブレット、大量のペンに大量のプリント、そしてマグカップまで。

机の引き出しや職員室の個人ロッカーに入りきらないモノが机の上にあふれています。

なぜ、職員室の机はたくさんのモノであふれてしまうのでしょうか?

・学校運営に必要なモノがあふれている

・自分以外の人がモノを置いていく

・職員室はモノであふれているイメージがある

一つずつ見ていきましょう。

学校運営に必要なモノがあふれている

教師の持ち物は、学校運営に関わるものすべてです。

教科指導に関するもの、学級運営に関するもの、部活動、校務分掌、委員会など、いろんな書類や本があります。

これらが今年度のモノだけだと良いのですが、過年度のものを参考までに持っていたり、前の教科書を持っていたりとなると、今必要なモノの2倍、3倍とモノが増えていきます。

特に教師歴が長くなれば長くなるほど、モノが増える傾向があります。

自分以外の人がモノを置いていく

教師は、自分が職員室にいないときに、仕事がやってきていることも多いです。

いろんな先生が、自分の机の上にプリントやメモを置いていきます。

職員に周知する回覧板が回ってきて、机の上に置かれます。

子どもたちが「○○先生に渡してください」と言って提出物を出していきます。

このように、自分の知らないうちに、机の上にモノが増えていくわけです。

雪乃
雪乃
子どもたちが下校し、「やっと職員室で仕事ができる」と職員室に戻ったときに、机の上がいつもよりゴチャゴチャしていては、やる気が出ませんね・・・

職員室はモノであふれているイメージがある

実は、一人の教師が職員室で使うモノの量はそんなに多くなくても大丈夫なのです。

教室で使うモノを含めると量が増えますが、「職員室で必要なモノ」を冷静に考えると思いのほか少なくすむのです。

しかし、「職員室はモノであふれている」というイメージがあると、「たくさんのモノを収納するケースを準備しよう」と考えてしまうのです。

大量のペンを収納するペン立て、ペンケース、筆箱。

大量のプリントを収納するクリアファイル、バインダー。

大量のファイルや本、教科書、ノートを立てるための本立て。

パソコン台と作業スペースを分けるための卓上パソコンラック。

たくさんのモノを収納するための、これらの収納グッズ。

机の上にすべて揃っているという先生も多いのではないでしょうか。

収納グッズを揃えてしまうと、収納グッズに収められるだけ物を増やすことになります。

そして収納グッズに収まらないほど量が増えてくると、さらに収納グッズを増やして物も増えるという悪循環におちいります。

職員室の机をスッキリさせる3つのポイント

“断捨離”や”ミニマリスト”という言葉が流行っていますが、要は「自分に必要なモノだけを持つ」ことが大切だということです。

職員室の机も同じです。

本当に自分に必要なモノだけを持つようにしましょう。

職員室の机をずっとキレイな状態にするための3つのポイントをお話ししていきたいと思います。

・今必要なモノだけを机の上に置くor引き出しに入れる

・人が置いたモノはすぐに処理する

・収納グッズを断捨離する

これらを実践すると、職員室の物は少なくても仕事ができることがお分かりいただけるはずです。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

今必要なモノだけを机の上に置くor引き出しに入れる

職員室で一人一人に与えられている収納場所は机とロッカーです。

ロッカーには過去に使用した物や参考のために置いている物を置いておきましょう。

ロッカーのサイズにもよりますが、ロッカーからあふれる持ち物は廃棄していきましょう。

“ロッカーの半分以下の荷物にする”など、自分で制約をかけても良いです。

ロッカーに入れない物は机に収納します。

使用する頻度が高い物は机に入れて、利便性を高めます。

基本的に机の上には何も置かず、パソコンも帰宅するときに机の中に収納するようにします。

机の上に置く物は、「教科指導グッズのかご」と「学級運営グッズのかご」の2つだけです。

これらのかごを机の中に入れるのは厳しいので、机の上に置いておきます。

その他の物はすべて机の中に収納します。

机の中に収まらない物は廃棄しましょう。

人が置いたモノはすぐに処理する

職員室では、自分以外の人が、自分の机に物を置くことが多いです。

これらの物は、どのように処理すべきかを考えて、すぐに対応しましょう。

プリントを置かれた場合、目を通して、不要な場合は捨てましょう。

必要な場合、用事が終わるまではプリントを保管し、終われば廃棄しましょう。

メモを置かれた場合、伝言であることがほとんどです。

メッセージだけの場合はその人に一言お礼をし、対応が必要な場合は対応しましょう。

対応した後は、そのメモを廃棄します。

子どもの提出物の場合は、自分の仕事ですので、適時仕事をしましょう。

子どもに返却にする物は、できるだけ早く対応し、自分の手持ちをなくすことをオススメします。

収納グッズを断捨離する

収納グッズは物を増やすための物です。

収納グッズを収納場所以外で使用するのはやめましょう。

ロッカーの中にファイルを立てて整理整頓するために本立てを使ったり、筆記用具をまとめるために机の中に箱を入れたりすることは構いません。

場所を区分けするための収納グッズはOKです。

しかし、机の上にペン立てを置いてペンを大量に立てかけたり、机の上に本立てを置いて本を並べたりするのはやめるべきです。

収納場所は「ロッカー」と「机の中」だけと決めて、物の量を減らしましょう。

そして、ロッカーや机の中の収納グッズも断捨離すると、さらに物を減らすことができます。

職員室の机の上は断捨離できると心得ましょう

教師をしていたら、物をたくさん持つことになる。

教師という職業は、物が多いイメージがあります。

しかし、それは間違った思い込みです。

自分の物をよく見てみると、まったく使っていなかったり、同じ役割の物を重複して持っていたりします。

自分に必要なモノだけを回りに置くために、まずは買い足さず、使っている物だけを残すことをしてみましょう。

机の上がスッキリすると、驚くほど仕事の効率が上がることを実感できるはずです。

1日5分ずつでも構いません。

場所を決めて、断捨離していきましょう。

毎日忙しく働く先生方が、少しでもストレスなく過ごせるように応援しています。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!