教師の仕事術

【目指せ定時退勤】教師が自分の仕事に集中する4つのポイント【ブラックを改善】

アイキャッチ58

学校の先生は忙しいです。

ただでさえ忙しいのに、急遽生徒指導や家庭訪問が入って、さらに先生たちの時間はなくなっていきます。

教師が定時退勤をすることは、めったにありません。

教師には、残業という概念もありません。

そして、給料に残業手当もありません。

今は「働き方改革」と称して、出勤時間・退勤時間の管理をし始めていますが、実際の勤務時間は残業80時間以上の教師がほとんどだと思います。

勤務時間には休日の部活動の指導時間は含まれていませんので、多くの教師がさらに長時間働いているはずです。

ここで一つ疑問があります。

本当に、教師が定時に退勤することは不可能なのでしょうか。

今回は、「教師はブラック企業に勤めている」現実を少しでも改善し、学校の先生たちが少しでもストレスを軽くして働けるように「定時退勤への道」をお話しします。

教師はブラックと言われようと、多くの先生方は教師であり続けようとします。

それはとても素晴らしいことなのですが、働き方は変えられるはずです。

雪乃
雪乃

特にイエスマンの先生は、よく読んで、今日から早速実践してほしいと思います。

教師が定時退勤できない理由とは

結論から言うと、

教師も、意識改革をすると定時退勤をできるようになります。

学校の働き方や地域の特性によって、毎日定時退勤というのは厳しいかもしれません。

しかし、「教師も定時退勤できる」と意識を変えることで、毎日の退勤時間が早くなっていきます。

教師が定時退勤できない理由は、教師が「定時で帰宅するのは無理。定時後に自分の仕事をできる時間がやってくる。」と思っているからです。

このように思っていると、時間の使い方や仕事の仕方を工夫したり、仕事を人に任せたりすることを考えることはありません。

教師の仕事は、いくらでも工夫のしがいがあります。

では、実際どのように仕事をしていけばよいのか、次でお話しします。

【分業制・担当制を推奨】教師が自分の仕事に集中する4つのポイント

教師の仕事の量は、あふれかえっています。

「時間がいくらあっても足りない!」という先生は、仕事の仕方、仕事に対する考え方を見直してみましょう。

教師が自分の仕事に集中するために考えるべきポイントは、以下の4つです。

自分がしたい(すべき)仕事は何かを考える

誰と仕事をすれば良いか(協力してくれる人)を考える

いつどこで仕事をすべきかを考える

どのように仕事をすべきかを考える

一つずつ見ていきましょう。

【What】自分がしたい(すべき)仕事は何かを考える

教師はさまざまな仕事をしなければなりません。

学級担任ならば学級経営はもちろん、教科指導もあります。

部活動の主顧問の先生もいます。

委員会活動、生徒会活動を任されている先生もいます。

校務分掌で時間割担当の先生や、生徒指導部で学年の生徒指導を任されている先生もいます。

教師は、一人何役もこなしているのが現状です。

仕事の基本的な考えは、「自分の任された業務は自分でする」ことです。

しかし、本当に任された業務をすべて自分がやらないといけないのかを考えてみてください。

例えば部活動指導。

雪乃
雪乃

私がしたい仕事は、「学級経営や教科指導、道徳教育」であり、部活動指導の優先順位は低いと感じていました。

私は体育会系の部活動の顧問でした。

男女で3~4人の顧問がいました。

私も技術指導を全くできないわけではないですが、バリバリ技術指導をできる他の先生がいました。

その先生たちが朝練や放課後の部活動指導にいけるときは、私が行く必要はないと考えました。

もちろん部活動に顔を出す大切さは分かっていますが、「今日は任せます」や「最後30分だけ見に行く」と伝えて放課後を自分の時間として使うことを増やしました。

先生の中には部活動の優先順位がとても高い人がいます。

その場合は、その人たちに任せていくことが大切です。

自分は学校で子どもたちのために何をしたいかを考えて、仕事に優先順位をつけましょう。

【who】誰と仕事をすれば良いか(協力してくれる人)を考える

教師は、まんべんなくさまざまな仕事をする必要があります。

しかし、先生方にはそれぞれ得意分野が必ずあります。

そして、時間が余っている先生も必ずいます。

得意な先生に意見を求めて助けてもらったり、時間の余っている先生に作業を協力してもらったり、自分から困っていることを発信していくようにしましょう。

私は教育相談や進路指導は得意ですが、生徒指導はたくさんの人の意見を聞くようにしていました。

その地域に詳しい先生や、何年も生徒指導を主にしている先生の意見を聞くことで、指導方針が早く決まり、素早く行動に移すことができます。

また、担任や学年主任で、人に任せればしてもらえる作業は、学年の先生にほとんどお任せしていました。

学年で協力体制が整っていれば、先生方は喜んで仕事をしてくれますし、「何か仕事ありますか?」と聞いてくれます。

みなさんの協力を得て、仕事が進んでいくのは本当にありがたいことです。

生真面目にすべてを自分でしようとするのではなく、周りの人を信頼して任せていくことが大切です。

自分よりも得意な人の知恵を借り、自分よりも時間のある人に手を借りましょう。

【when/where】いつどこで仕事をすべきかを考える

教師の仕事の内容による、場所と時間について考えます。

必ず自分がしなければいけない仕事で、職員室や教室以外でできることはないかを考えましょう。

例えば、授業中に廊下で巡回指導をする場合、特に何も問題がない場合は廊下で小テストの採点をしたり、子どもたちの感想を読んだり、今後の予定を立てたりします。

部活動指導で、特に指導をする必要がないときも、部活動の場にいて、同様のことをします。

教材研究も、これらの時間に終わらせます。

教師の仕事はまとまった時間だけで行うと、いつまでも終わりません。

職員室でしかできないことは職員室でゆっくり時間をとって。

職員室以外でもできることは、スキマ時間を少しずつ使って終わらせていきましょう。

【how】どのように仕事をすべきかを考える

ここまでに、自分が何をすべきかを考え、誰に頼るかを考え、いつ・どこで仕事をするかを考えると、ある程度仕事の量が減っているはずです。

あとは、自分がすべき仕事をどのようにするかを考えればよいです。

仕事が大量にある中で、どのように仕事をすべきかを考えるのは、とてもしんどいです。

まずは、ある程度仕事量を減らしてから、残った自分のやるべき仕事をどのようにするかを考えるのです。

雪乃
雪乃

断捨離と同じ考えです。

まずは「捨てる・手放す」をしてから、どのように収納するかを考えますよね。

教師の仕事もスッキリさせてからです。

学級運営や教科指導は、毎年することですので、効率化を図っていくことが大切です。

評価の材料(出欠・忘れ物・発言回数など)は毎回の授業で集め、データにしておく。

比較的時間のあるときに課題を出し、提出物の確認をする。

定期テストの採点ミスがないように、採点の確認を何度もする。(○と×を合わせて100点になるかも確認する)

どのようにすることが仕事の効率が良くなるのか、ミスが少なくなるのかを考えてしていきましょう。

仕事量を減らして時間ができると、仕事を「どのように」を考える時間が生まれます。

【仕事を取捨選択】教師も定時退勤できる

教師の仕事は年々増えてきています。

道徳の教科化があったり、生徒指導の内容も多岐に渡ったり。

新しいことをしないといけない、指導する範囲が増える、など、教師の負担は増えるばかりです。

しかし、教師の世界もデジタル化になり効率化が進み、今までの冗長な仕事は廃止されるようになってきています。

ただただ「忙しい、忙しい・・・」というのではなく、自分の仕事を取捨選択し、是非とも定時退勤を目指してほしいと思います。

意欲ある先生方が、体調を崩すことなく教師を続けられるように、応援しています。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!