教師の仕事術

【五月病対策】新任教師も一年目から学級担任を任される?!【先輩教師に全力で頼る】

アイキャッチ55

4月、会社では新入社員が、学校では新任教師が働き始めます。

緊張のなか4月が始まりますが、始めてのことばかりで、人は疲れやすくなっています。

そして4月が過ぎ去った5月、ゴールデンウィークがやってきます。

5月になると、4月にたまった疲れとゴールデンウィークの休憩から、新入社員や新任教師五月病になってしまう可能性があります。

特に、新任教師が一年目から担任を任された場合は、本当に大変です。

今回は、新任教師が教師を続けていくために、五月病にならないために、気をつけるべきことについてお話ししたいと思います。

新任教師はゆっくり現場に慣れる方が良い

新任教師は、徐々に現場に慣れていった方が精神的にも、体力的にも良いです。

私は新入社員と新任教師を、それぞれ一回ずつ経験していますが、幸運にも両方ともゆっくりと仕事に慣れることができた環境でした。

大学卒業直後、新入社員のときは、新人ばかりの研修が3ヶ月に渡って行われました。

仕事の現場には、7月に始めて配属になりました。

したがって、4月から徐々に社会人生活に慣れ、3ヶ月経つ頃には何となく余裕をもって、現場に参加することができました。

新任教師の1年間は、副担任でした。

1年間は教科指導や部活動指導を主体的に行いました。

新任教師の指導員に授業の確認をしてもらい、アドバイスを実践する良い時間でした。

そして、学活や道徳、総合的な学習の時間など、担任の先生の動きをよく観察できました。

副担任の立場で1年間、学校の流れをじっくりと見ることができました。

また、3年生の副担任だったため、進路指導を目の前で確認できました。

「2年目は1年生の担任になること」を頭に入れて、「自分だったらこうする」ということを1年間かけて考えることができたのです。

雪乃
雪乃

私の新入社員と新任教師、本当に環境に恵まれていました。

先輩社員や先輩教師にゆっくりと育ててもらうことができたと感謝の思いでいっぱいです。

しんどいことは勿論ありましたが、精神的にしんどくなることはなく、五月病にかかる気配も全くなく、過ごすことができました。

新しい環境には、ゆっくりと慣れていくことが鉄則です。

新任教師で一年目から学級担任を任される場合も

新しい環境で働くことになった人が、いきなり大きな責任を負ってしまうとどうなるでしょうか。

平気な人も勿論いますが、あまりに過度なストレスがかかってしまうと、体を壊してしまう可能性が高いです。

雪乃
雪乃

私の、営業職の友人は、「入社から一週間は先輩について外回りをして、入社から一週間後には一人で野に放たれた。キツすぎる。」と言っていました。

私の入社二週間目は、同期の子たちと研修をぬくぬくと受けていてときだったので、恐ろしい話があるもんだと思ったことを覚えています。

その友人は結局すぐに仕事に慣れていましたが。強いですね。

教師でも同じです。

新任教師で、すぐに担任を任される場合があります。

小学校では、ほとんどが1年目から担任ではないでしょうか。

つい先月大学を卒業したばかりの新任教師が、4月の入学式・始業式から学級担任をしないといけないのは、非常に酷なことです。

できれば、2年目に初担任をもたせてあげる方が良いと思いますが、現場の事情があるので1年目から頑張る場合は腹をくくって乗り切るしかありません。

では、新任教師の初担任をどのように乗り切るのかについて書いていきます。

全力で先輩教師に頼る

4月、5月はがむしゃらに仕事をすることになります。

ただ、新任教師が担任をもつときは、必ずベテランの先生が近くにいてくれるはずです。

実際子どもたちの前や保護者の前に立つのは自分で、責任も自分がもてば良いですが、ベテランの先生の意見に従って行動すれば良いです。

副担任から始まる場合は、人の行動を見て学習していきますが、担任から始まる場合は実際に自分が動かなければいけません。

トライ・アンド・エラーでやってみるしかありません。

すべて始めてのことですので、近くにいるベテランの学年主任・副担任・同じ学年の担任など、誰でも構いません。

なりふり構わず頼っていきましょう。

子どもたちのために一生懸命行動する新任教師を、周りの人たちは必ず救ってくれますし、フォローしてくれます。

そういった先輩方に感謝しながら、自分で動いていきましょう。

失敗して当たり前と心得る

教師をしていて、毎日失敗しない日はありません。

これは何年働いても同じです。

ましてや新任教師が担任をして、失敗しないわけがありません。

「うまくいかなくて当たり前」と心得て仕事をすることが大切です。

失敗していても、謙虚に精一杯働く先生の姿は、子どもたちにも伝わります。

1つ1つの失敗に対する反省は大切ですが、いちいち落ち込んでいる場合ではないです。

繊細な心ではやっていけませんので、心を強くもちましょう。

「保護者の心配はもっともだ」と受け止める

子どもたちは、若い先生が担任になって、喜ぶことも多いかもしれません。

しかし、保護者は「ベテランの〇〇先生が良かった」や「一年目の若い先生に自分の子を預けるのは不安だ」など、一年目の教師に対して厳しい目を向けることも多いです。

これらの保護者の心配は、まったくもってその通りで、否定することはできません。

信頼を得るには、教師の経験を積んで、子どもたちと向き合うことを繰り返すしかありません。

子どもを心配する保護者の意見は当然のこととして、受け止めましょう。

若さと元気良さを全面に出す

新任教師は、先輩教師に経験や信頼では絶対に勝てません。

しかし、若い人には、体力があります。

教師になった喜びを意欲に変えるとともに、体力があることを武器に、ハツラツと働いてみてください。

元気な人は、子どもたちからパワーをもらえます。

「教師一年目に担任の大役を担った!」とプレッシャーを喜びに変えて、頑張っていきましょう。

新任教師が学級担任を乗り切るために

新任教師が学級担任を乗り切るには、自分の力だけではなく、先輩に頼ることです。

そして、自分は一生懸命行動することです。

あとは、少しの失敗や少しの批判でくじけない心をもつことです。

教師になる夢を実現した若い先生が、心を病むことの内容に祈っています。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!