教師の仕事術

【学級経営】朝読書はルールを徹底して全員で取り組む【子どもも教師も】

アイキャッチ83

学校運営や学級経営における「朝読書」の効果をご存知でしょうか。

「朝読書を全校で取り組んで、荒れている学校が落ち着いた学校に変貌を遂げた」という話をよく聞きます。

全校で取り組んでいる学校もあれば、学年で取り組んでいる学校もあるのではないでしょうか。

多くの学校で取り組まれている「朝読書」を効果的に行うためには、ルールの徹底が大切です。

今回は、学級経営の一環として朝読書をするために大切なことについてお話しします。

学級経営の参考になるオススメ本について、記事にしていますのであわせてご覧ください。

スポンサーリンク

朝読書のルールとは

朝読書は、学校全体で取り組むべきものですが、朝読書のルールは学校それぞれだと思います。

朝読書の一番のルールは、継続すること。

1年間継続して朝読書を行うべきです。

また、朝読書の時間は2通り考えられます。

① 朝読書、朝の会の順番に行う

② 朝の会、朝読書の順番に行う

それぞれメリット、デメリットがありますが、1年間継続することで、子どもも教師も朝読書の意義を感じることができますので、①、②どちらでも良いので1年間継続しましょう。

雪乃
雪乃
朝読書の落ち着いた雰囲気は最高ですよね。

他にルールは、以下のようなものが挙げられます。

・朝読書、または朝の会までに荷物をロッカーにしまっておく。

・子どもが、各自で朝読書用の本(教科書や漫画はダメ、活字本)を準備する。

・朝読書の本を忘れた子どもは、学級文庫を読んでもよい。

・喋らず、音読せず、決められた時間(10分~15分程度)を読書に当てる。

・教師も一緒に読書をする。

以上のルールを徹底して守らせ、朝を落ち着いた時間にしましょう。

スポンサーリンク

朝読書の指導方法

朝読書は学級経営の一部です。

学校で決められた「朝読書」の時間を、子どもたちがきちんと取り組むことができると、子どもたちは安心して学級で過ごせるようになります。

しかし、朝読書の時間が、子どもたちの好き勝手な時間になってしまうと、朝読書の意味がまったくなくなってしまいます。

そうならないために、ここでは、朝読書の指導方法についてお話しします。

・教師が行動で示す

・教師が朝読書の時間を守る

・朝読書の環境を説明し、机間巡視で確認する

・学級文庫を活用して良いルールにする

・教師が読んでいる本について紹介する

では、1つずつ見ていきましょう。

教師が行動で示す

これが一番大切です。

朝読書は全校で取り組む時間です。

教師が子どもたちに、お手本を見せてあげましょう。

清掃時間に、教師も一緒に掃除に取り組むのと同じことです。

朝読書の時間に、教師だけが違うことをしていると、子どもたちは「なぜ先生は取り組まなくて良いのか」と疑問に感じます。

廊下で巡視している教師も、朝読書の時間は一緒に取り組むことが大切です。

子どもたちが、「朝読書の時間は先生も一緒に、みんなで読書をする時間なんだ」と感じられる空間をつくっていきましょう。

教師が朝読書の時間を守る

朝読書が習慣化してくると、子どもたちは、早く読書をしたくなってきます。

すると、朝の会で教師が話をし、それが朝読書の時間まで食い込むと、子どもたちはうんざりしてしまいます。

朝の会の時間、朝読書の時間をきちんと分けて、教師がタイムキーパーとして時間を守ることが大切です。

子どもは、始めは教師が示したルールを守ろうとします。

そして、子どもがルールを守り続けるのは、「教師もルールを守っている」と判断した場合です。

教師が「時間」というルールを守っていることを子どもたちに示していきましょう。

雪乃
雪乃

生徒指導などで、朝の会の時間では連絡や話が収まりきらないときは、少々朝読書の時間が短くなっても構いません。

しかし、それは特別な場合として、日頃からきちんと朝読書の時間を確保するようにしてください。

朝読書の環境を説明し、机間巡視で確認する

教室の環境整備は、何よりも大切です。

朝は、子どもたちが登校して間もない時間帯です。

しかし、朝の会、朝読書が始まる時には、子どもたちが荷物を整理できている状態でないといけません。

朝の会、朝読書を始める前に、身の回りの整理整頓がきちんとできているか、毎朝声掛けをするようにしましょう。

毎朝確認をすると、大半の子どもは朝の段階で荷物をロッカーに入れて、整った環境で着席するようになります。

しかし、ぎりぎり登校をしたり、整理が遅かったりする子どもは、朝の時間に環境が整っていないことがあります。

その場合は、朝読書の時に、教師が机間巡視をして、朝の時間の環境について1人ずつ声を掛けるようにしてください。

机間巡視は一瞬で終わらせて、教師も読書に取り組みます。

雪乃
雪乃

全体指導でできるのならば素晴らしいです!

できていない場合は個別で声掛けをして、全員が朝読書の環境を整えられるようにしましょう。

朝読書の環境は、学級全員で作っていくものです。

「出来て当たり前」「安心して過ごせる学級」を目指して、声掛けをしていきましょう。

学級文庫を活用して良いルールにする

朝読書の本は、子どもが個人で準備します。

しかし、家に持って帰って、持ってくるのを忘れたり、なかなか持って来なかったりするわけです。

「朝読書の本がない」という理由で、朝読書に取り組まないのは良くない理由です。

学級にある学級文庫を利用できるように、文庫本を揃えておくようにしてください。

学級文庫は思いのほか人気があり、その本をずっと読んでいる子や、一冊学級文庫を読み、その作者の本を自分で準備する子もいます。

大半の子どもは、自分で準備した本を読みたがりますが、忘れた場合に朝読書の時間が無駄にならないように、学級文庫の準備をしてあげてください。

教師が読んでいる本について紹介する

朝読書の時間は、特に本の指定もないですし、子どもの行動を評価するわけでもありません。

教師も自分が読みたい本を読んでOKです。

子どもたちは、教師が一緒に朝読書をしている姿を見ています。

そして自然と、「先生は何の本を読んでいるんだろう」と感じるようになるのです。

子どもたちは、何となく疑問に思っています。

なので、是非とも子どもたちに、教師が読んでいる本について紹介し、感想を喋ってあげてください。

「朝読書はみんなで取り組む」「朝読書をきちんとできる、安心できる学級」と子どもたちがますます強く感じられるようになります。

スポンサーリンク

【学級経営】朝読書はルールを徹底して全員で取り組む

朝読書は学級経営の一環ですので、教師も子どももルールを守って取り組むことが大切です。

ルールを守るための環境整備。

ルールを守り続けるための全員での取り組み。

朝読書がうまく機能すると、必ず学級は落ち着きます。

子ども達が落ち着いた環境で、1日を過ごすために、是非とも朝読書に取り組んでもらいたいと思います。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!