教員採用試験

【教採対策】面接試験に自信をもって取り組む7つのポイント【心がまえ】

アイキャッチ93

教員採用試験に限らず、面接試験に対して苦手意識を持っている人は多いと思います。

面接試験で上手くいかなかったらどうしよう、と悩んでしまう。

面接試験のポイントがイマイチよくわからない。

面接試験に自信をもって臨めそうにない。

このように、教員採用試験の面接試験に対して不安を感じてしまいます。

面接試験は準備がすべてですが、試験の前になると「本当に大丈夫か?」と自分の頑張りに疑問をもつこともあるかと思います。

今回は、教員採用試験の面接試験に自信をもって取り組むためのポイントについてお話しします。

雪乃
雪乃
会社員時代に1年間かけて教員採用試験の対策をし、1回で合格を勝ち取った私が面接試験のポイントをお伝えします。
スポンサーリンク

面接試験に自信をもって取り組む7つのポイント

面接試験は、面接官との対話形式で行われます。

面接試験の本質や、具体的な質問内容については記事にしていますので、ご覧ください。

アイキャッチ45
【教採対策その3】教員採用試験・面接試験で問われる力とは【面接試験の真相①】 教員採用試験では、筆記試験のほかに面接試験や実技試験が行われます。 教員採用試験の面接試験を、どのように対策すればよいかわから...
アイキャッチ46
【教採対策その4】教員採用試験・面接試験の3種類の質問とは【面接試験の真相②】 前回は、教員採用試験の面接で問われる力についてお話ししました。 今回は、面接の具体的な質問と、その回答について書いていきます。...

対話を行う面接試験に自信をもって取り組むためには、面接官に自分の考えを正確に伝える必要があります。

そのための7つのポイント。

1. 一般的なコミュニケーションスキルが必要

2. 面接は対話であることを意識する

3. 面接官に一緒に働きたいと思わせられるかが重要

4. 人の良いところを認め、伝える力があることを表現する

5. 自分の好きなことや特技について、人に教える意欲があることを伝える

6. 質問に対して、正対した回答をする

7. 面接の回答を裏付ける行動をしておくことが大切

1つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

1. 一般的なコミュニケーションスキルが必要

面接では、面接官からの問いかけに関して、自分の考えを伝えます。

面接で緊張をするのはOKですが、面接官と普段の会話をイメージして喋れるようにしましょう。

友人や知り合いと、普段の会話で会話しているようではダメです。

教員はコミュニケーションスキルが第一

面接の回答内容で、自分の考えをハッキリと伝えられているか確認しましょう。

また、面接の態度で、人と話すことを楽しんでいるかを面接官に伝えることが大切です。

2. 面接は対話であることを意識する

面接では、面接官に質問され、回答します。

自分をアピールしようと、長々と喋ってしまう人がいますが、面接は一問一答ではありません。

自分が答えたことに対して、面接官が追加で質問することも多く、それが対話になっていきます。

自分だけが喋るのではなく、面接官にも多く喋ってもらうことが大切です。

雪乃
雪乃
一回の質問はできるだけ簡潔に、要点を喋る答え方を心がけましょう!

3. 面接官に一緒に働きたいと思わせられるかが重要

教員採用試験の面接官は、教育委員会の人や、校長や教頭で構成されていることが多いです。

面接では、その人達に「この人は良い教師になりそうだ」と思わせることは大切です。

しかし一番は、「この人に自分の学校に来て働いてもらいたい」「この人に自分と一緒に働いてもらいたい」と思わせることです。

教員採用試験は、一般の企業や、その他の公務員の面接試験とは異なり、現場の人が面接官をしているイメージで取り組んだ方が良いです。

雪乃
雪乃
自分の面接の回答は、「身近な人に自分の良さを伝えられているか」という視点を取り入れて、面接の準備をしてみてください。

4. 人の良いところを認め、伝える力があることを表現する

教師の仕事は、「人の良いところを発見し、それを人に伝え人を成長させること」です。

「苦手なことを克服し、良いところを伸ばそう!」とよく言いますが、教師は「良いところを伸ばす」!

「自分が苦手なことを克服した」という経験はとても大切なことです。

しかし、人に対しては「良いところを伸ばす」ことの方が重要です。

「良いところを認めて、さらに成長させる」力が自分にあるか、を面接官に伝える必要があります。

今まで自分と関わりのあった人について質問がある場合、必ずその人の良いところを喋るようにする。

5. 自分の好きなことや特技について、人に教える意欲があることを伝える

教師はまず、教科指導と学級経営をする必要があります。

特に、教科指導は全員が一年目から実践します。

小学校の全科は教師によって得手不得手があるでしょうが、中学校、高校はたいていが自分の得意教科を教えるはずです。

模擬授業は短時間ですし、楽しくする必要はありません。

しかし、その問題についてポイントを押さえて、真剣に授業をすることで、その教科が好きで教えたいということが面接官に伝わります。

面接で専門教科に聞かれたときも、自分が好きなこと、子どもたちに教えたいことを率直に伝えるようにしましょう。

6. 質問に対して、正対した回答をする

面接は、質問の内容に対して、正対した回答をすることがすべてです。

教員採用試験の質問は、いろんな内容があります。

質問の内容ごとに、どのように答えるべきかがありますので、説明します。

多様な側面がある質問

多様な側面がある質問には相対的・客観的に述べる

「部活動の外部コーチ化について」質問された場合はどのように答えれば良いでしょうか。

教師にとって、メリット、デメリットがあり、子どもたちにとってもメリット、デメリットがあります。

それらをすべて理解、説明し、自分の意見を少し入れると良いです。

多様な側面がある質問には、「絶対反対です。」など極端な回答は控えるべきです。

抽象的な質問

抽象的な質問には一般論で答えてよい

「教師の言うことを聞かない子どもがいたらどうしますか」という質問は抽象的です。

このような場合は、「例えば授業中に言うことを聞かずに、喋っている子どもの場合・・・」と具体例を言うよりも、「教師の言うことを聞かない原因は何かをまず確認し、・・・」などと一般的な対応を答えた方が良いです。

子どもへの基本的な対応の仕方を、自分の言葉で伝えられるかを問われています。

教員の服務上の規則などに関する質問

教員の服務上の規則などに関する質問には規則に沿った回答をする

「教師の副業」や「体罰」など、規則に関しての質問は規則に沿った正しい回答をしましょう。

教員の資質能力に関する質問

教員の資質能力に関する質問では自己アピールも入れる

「○○科の教員になるなるためにはどのような能力が必要だと思いますか。」という質問。

「〇〇の力が必要です。」と答えるとともに、自分の良さをアピールする質問なので伝える必要があります。

自分の心がまえを答えることができれば、面接官の印象に残ります。

教育の課題などに関する質問

教育の課題などに関する質問には現在の教員に求められることを答える

受験する自治体の課題や、日本の教育の課題について質問されることがあります。

「知識として知っているか」と「その課題に対して自分の意見を的確に答える」ことを求められています。

生徒指導に関する質問

生徒指導に関する質問には、少し前置きが必要

生徒指導に関する質問をされることも多いです。

「朝、遅刻してきた子どもの対応について」質問があったとします。

自分の学級の子どもか、学年か、他の学年かによって対応が異なります。

毎日遅刻している子どもか、たまに遅刻する子どもかによっても対応は異なります。

回答の前置きとして、自分と子どもの関係、子どもの背景を少し話してから、対応を話すと良いです。

7. 面接の回答を裏付ける行動をしておくことが大切

面接試験で答える内容は、すべて自分のことです。

「教員になるために心がけていること」を言葉だけで答えるよりも、「実際に実践していること」を答える方が説得力があります。

現役の大学生や、講師経験のない社会人が学習支援ボランティアに参加するという行動は、「現場を知る」、「子どもの対応を身につける」目的のために行動に移していることになります。

アイキャッチ65
【教員採用試験が有利に?】教師を目指す社会人は学習支援ボランティアに参加しよう 一度社会に出た人が、教師を目指すパターンも最近は増えています。 講師経験を積まずに、採用試験の合格を目指す人もいると思います。 ...

言葉だけでなく、行動が伴っている人に、人は心を動かされます。

面接官に、「教師になりたい」意欲を伝えられるように行動していきましょう。

スポンサーリンク

面接試験は面接官に自分を伝えることが大切

教員採用試験の面接試験の7つの心がまえについてお話ししてきました。

面接官は敵ではありません。

自分を教師の仲間として迎え入れてもらえるように、アピールしていきましょう。

そのためには、面接試験の真相を知り、質問の意図を知り、自分の回答を自分のものとして話す必要があります。

面接試験は準備がすべて。ゆっくり時間をとって自己分析し、回答の準備をしていきましょう。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!