ゲーム

【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】子世代への継承を考察【ティルテュ編】

アイキャッチ130

『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』の子世代への継承を考察しています。

女性キャラクター7人に対して、13人の男性キャラクターがいます。

女性キャラクターがどの男性キャラクターと結ばれても、独身の場合でも、オールA評価は可能です。

アイキャッチ100
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価は簡単に取れる【平民キャラも】 小さい頃から、かなりのゲーマーで、特にRPGやシミュレーションRPGは周回クリアをしているゲームが大量にあります。 私は小学校から...

ただ、子世代への引き継ぎをきちんとすればするほど、攻略が簡単になるので、きちんとしていきましょう。

今回は、ティルテュ編です。

アイキャッチ129
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】子世代への継承を考察【ブリギッド編】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』の子世代への継承を考察しています。 女性キャラクター7人に対して、13人の男性キャラクターがいま...

ティルテュの子どもとは

ティルテュは第三章の終盤に、クロードと共にブラギの塔から登場します。

本隊やブリギッドとは離れているため、クロードを守りつつ、回復してもらいながら、ティルテュが頑張る必要があります。

スキルは怒りだけですが、攻撃力の高いトローンを持っているため、1対1の戦闘にはまあまあ強いです。

登場レベルは低いので、育てるのには苦労しますが、クラスチェンジすると杖Bまで使え、連続スキルも付くので、一気に使いやすくなります。

恋愛事情としては、第三章でクロードとの絡みがあり、プレイヤーに2人を隣接させるように企てています。

第四章の始めには、ティルテュがステータスアップ(MHP+5)をする、幼馴染のアゼルとの会話があります。

アゼルと幼馴染ならば、レックスとも幼馴染会話があっても良いはずですが、残念ながらありません。

第五章の恋人会話は、クロード、アゼル、レックスの3人の場合に見ることができます。

ティルテの場合、物語上も攻略上も、王道はアゼル一択です。

ティルテュの子どもは、アーサーとティニーです。

キャラクター 登場 クラス 武器Lv 初期装備 スキル
アーサー 第六章ガネーシャ城制圧後 マージ 炎C、雷B、風C ウインド 怒り
ティニー 第七章メルゲン城制圧後 マージ 炎C、雷B、風C エルサンダー 怒り

ティニーはマージからマージファイター、アーサーはマージからマージナイトになります。

ティニーは、マージファイターになると兵種スキルで連続が付き、杖Bまで使えるようになります。

アーサーは、マージナイトになると、歩数は大幅に増えますが、スキルは付かず、剣Bまで使えるようになります。

ティニーもアーサーも魔法系なので、魔法系の父親、アゼル、レヴィン、クロード以外はオススメできません。

しかし、王道に見せかけているクロードは、スキルと使えないバルキリーの杖を考えると、アゼル、レヴィンよりは一歩後退します。

残りの戦士系の父親を選ぶと、2人とも魔力が上がらず、悲しくなります。

クラスチェンジ後はティニーは杖B、剣C、アゼルは剣Bを使えるので、いつもと違う2人を見たいプレイヤーは戦士系父を試してみると良いかもしれません。

ちなみに、ティルテュを独身にすると、

・個人スキルと兵種スキルがかぶっているアミッドが登場し、マージファイターにクラスチェンジ後は、杖も剣も使えない

・エリートと怒りを持ったリンダが登場し、マージファイターにクラスチェンジ後は連続も付き、杖も使えるようになる

兄妹なのに、リンダが優秀で、アミッドの存在が少し薄いです。

トード傍系で代理キャラクターの中では優秀ですが、2人とも追撃スキルはもっていないので、あえて独身にしなくても・・・というところです。

しかし、2人とも、特にアーサーは、戦士系の父の場合は本当に魔力が上がらないので、アミッドの方が育てやすい可能性は十分にあります。

公式カップリングのレヴィン・フュリーよりも、「アゼル・ティルテュは固定カップリング」とするプレイヤーも多いはずです。

あとはレヴィン・ティルテュが好きなプレイヤーも。

ティニーとアーサーのことを考えると、ティルテュは、相手の自由度が低いキャラクターと言えます。

【ティルテュ編】子世代への引き継ぎ

ティルテュからティニーへ、ティルテュの相手からアーサーへ、アイテムの引き継ぎが行われます。

ティルテュからティニーへの引き継ぎ

ティニーは第七章のメルゲン城制圧後に、アルスター城から敵軍として登場し、アーサーで話しかけることで仲間になります。

ティルテュはサンダーマージでしたが、ティニーはマージなので、雷Aのトローンを引き継ぐことはできません。

アーサーもマージでトローンを引き継げないため、ティルテュの所持品を、そのままティニーに引き継いで良いです。

父親 武器Lv 引き継ぎ スキル
ノイッシュ 炎C、雷B、風C トローン、サンダー、ファイアー、ウインド 怒り、必殺、突撃
アレク 炎C、雷B、風C 同上 怒り、追撃、見切り
アーダン 炎C、雷B、風C 同上 怒り、待ち伏せ
アゼル 炎B、雷B、風C 同上 怒り、追撃
レックス 炎C、雷B、風C 同上 怒り、待ち伏せ、エリート
フィン 炎C、雷B、風C 同上 怒り、追撃、祈り
ミデェール 炎C、雷B、風C 同上 怒り、追撃、突撃
デュー 炎C、雷B、風C 同上 怒り、値切り
ジャムカ 炎C、雷B、風C 同上 怒り、連続、突撃
ホリン 炎C、雷B、風C 同上 怒り
レヴィン 炎C、雷B、風B 同上 怒り、連続、必殺
ベオウルフ 炎C、雷B、風C 同上 怒り、追撃、突撃
クロード 炎C、雷B、風C 同上 怒り

ティニーはクラスチェンジで連続が付き、杖Bまで使えるようになるので、スキルが寂しく、魔力が低くても、あまり気になりません。

しかし、上の表を見ると、アゼルの安定感が群を抜いています。

ファラ傍系となるため、魔力の成長率も高く、追撃スキルもあります。

アゼル・ティルテュは固定カップリングと言っても過言ではないです。

父親がレヴィンの場合、残念ながら追撃スキルがないので、追撃リングをフォルセティ持ちのアーサーに譲ってしまうことが多いです。

『フォルアーサー』が出来上がるので、レヴィン・ティルテュのカップリングも人気で、使いやすいです。

レヴィン・ティルテュの場合、魔力の成長率はそこそこですが、第十章でティニーのステータスアップ(MGC+5)会話があるので助かります。

クロード・ティルテュの場合、ティニーはティルテュと同じような育成でOKです。

ティルテュよりも、魔力と魔防の成長率が高いので、強いマージになります。

また、ブラギ傍系なので杖Aまで使えるようになり、高い魔力でリザーブの杖を振れるようになります。

残りの戦士系の父親では、魔力の成長はあまり見込めません。

ティニーは育成に時間がかかる方なので、レックスのエリート、値切りのデューは育成が楽にはなります。

レックスの場合は守備も成長するので、いつもと違ったマージファイターが出来上がります。

ティルテュの相手からアーサーへの引き継ぎ

アーサーは第六章ガネーシャ城制圧後に、フィー・フェミナと共に登場します。

アーサーは父親の影響をかなり受けるキャラクターなので、慎重に選ぶ必要があります。

マージナイトにクラスチェンジすると、移動力が上がるので利便性が増しますが、魔力の上限値は少し低いです。

間接攻撃を有効活用して、攻撃を受けずに経験値を稼いでいきましょう。

父親 武器Lv 引き継ぎ スキル
ノイッシュ 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り、必殺、突撃
アレク 炎C、雷B、風C マジックリング 怒り、追撃、見切り
アーダン 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り、待ち伏せ
アゼル 炎B、雷B、風C エルファイアー、サンダー、ウインド 怒り、追撃
レックス 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り、待ち伏せ、エリート
フィン 炎C、雷B、風C マジックリング 怒り、追撃、祈り
ミデェール 炎C、雷B、風C マジックリング 怒り、追撃、突撃
デュー 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り、値切り
ジャムカ 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り、連続、突撃
ホリン 炎C、雷B、風C マジックリング、追撃リング 怒り
レヴィン 炎C、雷B、風☆ フォルセティ、エルウインド、追撃リング 怒り、連続、必殺
ベオウルフ 炎C、雷B、風C マジックリング 怒り、追撃、突撃
クロード 炎C、雷B、風C (バルキリーの杖)、ファイアー、サンダー、ウインド、追撃リング 怒り

父親が戦士系の場合、魔力の成長率を期待できないため、マジックリングを引き継いであげましょう。

また、マージナイトは兵種スキルがないため、個人スキルがないと追撃も連続も付きません。

もし、追撃スキルがない父親で、追撃リングが余っているなら、追撃リングもアーサーが引き継げると良いです。

ここまですると、さすがに、戦士系父親のアーサーでも戦力にはなります。

アゼル・ティルテュの場合、安定感のあるアーサーになります。

ティニー同様、追撃スキルがあり、魔力もよく上がります。

爆発力はないですが、安心して育てることができます。

レヴィン・ティルテュの場合は、フォルセティの後継者として第六章からフォルセティを使いまくることができます。

追撃スキルを持っていないため、追撃リングを引き継いであげると、最強キャラクターの出来上がりです。

魔力の上限値は低いため、最終的にはマジックリングを持たせてあげると、更に凶悪性が増します。

クロード・ティルテュの場合、追撃リングさえ引き継ぐことができると、強いアーサーになります。

魔力と魔防の成長を期待できるので、安定感があります。

追撃リングがない場合は、スキルが怒りしかないので、使えないバルキリーの杖を持った悲しいマージになってしまします。

戦士系が父親の場合、アーサーは本当に魔力が伸びないので、そういうキャラクターと諦めてプレイするのも手です。

幸い、クラスチェンジ後は剣Bまで使えるので、いつもと違うアーサーを楽しむことはできます。

『聖戦の系譜』簡単オールA攻略(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ139
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価のエンディングを楽しもう!【まとめ記事】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のオールA評価攻略のまとめ記事です。 『聖戦の系譜』で、誰でも簡単にオールA評価のエンディングを...

ゲーマーも健康的に過ごす!

オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!