ゲーム

【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】親世代のユニット・キャラクター評価【男性編】

アイキャッチ131

『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のキャラクター評価をしていきます。

聖戦の系譜は、他のFEシリーズと異なり、仲間キャラクターを全員出撃させることができます。

試行錯誤して育てることで、弱いキャラクターもかなり強くできるのが本当に楽しいゲームです。

聖戦の系譜を何度も周回することで、キャラクターに愛着が湧いてきます。

オールA評価を前提に、キャラクターの評価をしていきます。

アイキャッチ100
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価は簡単に取れる【平民キャラも】 小さい頃から、かなりのゲーマーで、特にRPGやシミュレーションRPGは周回クリアをしているゲームが大量にあります。 私は小学校から...

今回は、親世代の男性キャラクター編です。

アイキャッチ132
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】親世代のユニット・キャラクター評価【女性編】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のキャラクター評価をしていきます。 聖戦の系譜の醍醐味は、全キャラクターを育成すること。 聖戦...

 

 

評価内容

育てやすさや強さ・破壊力、使いやすさなどについて、6段階(S/A/B/C/D/E)でキャラクター評価をします。

6段階のイメージは↓

【キャラ評価】

S:勝手に育つ、破壊力抜群、使いやすい

A:勝手に育つ、強い、使いやすい

B:育てやすい、強い、使いやすい

C:育てにくいが強くなる、使いやすくなる

D:育てやすいが弱い

E:育てにくい、弱い、使いにくい

聖戦の系譜は、全キャラクター参加なので、「評価Eのキャラクターほど強くしたい!」とプレイヤーに思わせる魅力があります。

父親としての評価も少しだけ記載します。

【男性編】親世代のユニット・キャラクター評価

親世代の男性キャラクターは15人。

15人のうち、シグルドとキュアンの子どもは子世代の固定キャラクターですが、他の13人は女性キャラクターとカップリングすることで、父親になります。

ちなみに、今回紹介する15人に、評価Eはいませんでした。

何やかんや優秀な親世代の男性キャラクター。

シグルド

キャラクター評価:A

クラス:ロードナイト

武器Lv:剣☆、槍B

スキル:追撃

血統:バルド直系

親世代の主人公。

「剣優遇ゲー」の聖戦の系譜において、序章、第一章で斧装備の蛮族に、1人で勝ち抜ける強さをもっている。

1人で敵を倒していくと、周りの部下達が強くならないので、経験値を分けてあげる必要がある。

シグルドが育てやすすぎて、他のキャラクターの育てにくさが気になってしまうほど。

序章の途中までは、はがねの剣だが、アルヴィスに銀の剣をもらってからは、さらに強くなる。

第五章まで、銀の剣1本でやっていける強さがある。

始めから上級クラスのため、クラスチェンジはしないが、序盤の強さは自軍に安定感をもたらす。

スクスク育つので資金もあまり必要にならないが、ディアドラと資金のやり取りができるので、利用すると便利。

指揮官レベルは☆2だが、指揮官が周囲3マス以内にいると命中率・回避率補正が10%アップするので、ありがたい存在。

息子のセリスよりも指揮官レベルが低いところが、聖戦の系譜・親世代の悲劇を物語っているかもしれない・・・。

スキルは個人スキルの追撃だけなので、十分強いが破壊力には欠ける。

愛用の銀の剣を☆必殺にすると、必殺が出るようになるので破壊力も増す。

第五章で、父親のバイロンから聖剣ティルフィングを受け取ることになるが、ティルフィングの使用期間はあまりに短いため、☆必殺にするのは実質不可能。

セリスのために、修理だけはしておくと良い。

父親としては、セリスはシグルドとディアドラの良いところを足し合わせた、弱点を補填し合ったキャラクターなので、本当に穴のないユニットになる。

追撃を個人スキルで持っている時点で、聖戦の系譜においては、父親として合格。

ノイッシュ

キャラクター評価:D

クラス:ソシアルナイト→パラディン

武器Lv:剣B、槍C→剣B、槍B

スキル:突撃、必殺

FEにおなじみの赤緑のうちの赤。

下級クラスという感じで、弱い。

シグルドとの差を感じずにはいられない。

特に聖戦の系譜では、追撃がないと安定感のある戦闘ができないため、非常に使いにくいキャラクター。

突撃が出れば敵の攻撃回数も増え、必殺が出れば敵を倒してしまう。

なかなか戦闘模様が読めないので、プレイヤーを困らせる。

突撃や必殺が出る確率も低いので、単発攻撃で終わることが多く、戦力としては低い。

騎兵なので戦場には間に合うが、意識的に経験値を与えないと、いつまでも弱いままである。

闘技場は、第三章から勇者の剣が使えるので、クリアできるようになる。

攻撃回数が増えるので、闘技場クリアはかなり楽になる。

第三章のピサール部隊の増援で資金を得て、第三章以降の闘技場はエリートリングを持って挑むようにするとレベル30にできる。

クラスチェンジ後も剣B、槍Bまでしか使えず、悲しくなるが、パラディンになるとまあまあ闘えるようにはなる。

女性キャラクターとの絡みは一切なく、相方のアレクとの差は何なんだろう?と気になるところ。

父親としては、安定感のあるアイラとは相性が良い。

アイラの安定感+ノイッシュの爆発力で、子ども2人は驚くほど強くなる。

ちなみに、ブリギッドでも子どもは強くなる。

スカサハ、パティに剣を引き継げるのも良い。

他の女性キャラクターでは、スキルのせいで安定感がなくなったり、魔法系の子どもでは魔力が伸びなかったり、と、相性はイマイチである。

アレク

キャラクター評価:D

クラス:ソシアルナイト→パラディン

武器Lv:剣B、槍C→剣B、槍B

スキル:追撃、見切り

FEにおなじみの赤緑のうちの緑。

ノイッシュ同様、強くはない。

アレクはバランス型だが、力が弱すぎて火力に欠ける。

攻撃回数は追撃で2回保障されているので、戦力としては計算しやすい。

育成方法はノイッシュと同じで良い。

第三章のピサール部隊以降、闘技場をエリートリングと勇者の剣でクリアすると、レベル30まで育てることができる。

女性との絡みは、シルヴィアとナンパな会話がある。

ステータスアップするわけでも、プレゼントをもらえるわけでもない、恋愛値だけが上がる会話なので、シルヴィアとカップリングしたくない場合は無視すると良い。

父親としては、追撃と見切り持ちなので、バランスの良い優秀な子どもになる。

特にラケシスはオススメ。

逆にアイラとブリギッドは爆発力がないため、物足りない子どもになってしまう。

アーダン

キャラクター評価:C

クラス:ソードアーマー→ジェネラル

武器Lv:剣B→剣A、槍A、斧B、弓B

スキル:待ち伏せ→待ち伏せ、(大盾)

みんな大好きアーダン。

聖戦の系譜随一のネタキャラであり、製作者にも愛されており、イベントが2個も準備されている。

第二章で追撃リングを入手し、恋人が出来れば第五章で技が5も上がる。

「固い、強い、遅い」と称されるが、その通り、ジェネラルになると強くなる。

登場時は素早さが4で、マップ上の移動も遅く、プレイヤーをイライラさせる。

レベル2で素早さ5になるようにするのが吉。

ソードアーマーのうちは、剣Bまでしか使えず、闘技場クリアも厳しい。

ノイッシュ、アレクと同様、本格的なレベルアップは第三章の闘技場から。

追撃リングを手に入れ、エリートリング、勇者の剣で闘技場クリアをできるようになる。

第四章でクラスチェンジできていない場合は、シレジア城から逃げてくる市民を助けて経験値を得るのも良い。

ジェネラルにクラスチェンジすると、武器レベルが劇的に上がり、使い勝手が良くなる。

しかし、聖戦の系譜はマップが広すぎるので騎兵には何歩も遅れをとってしまうのが残念・・・

父親としては、安定感のあるアイラがオススメ。

アイラは誰が父親でも子どもが強くなるので、アーダンの相手候補第一位。

ブリギッドでも安定した強い子どもになる。

エーディンでも、弓Bまで引き継ぎできるので、追撃リングを引き継げるようなら悪くはない。

他の4人はオススメできない。

レックス

キャラクター評価:A

クラス:アクスナイト→グレートナイト

武器Lv:斧A

スキル:待ち伏せ、エリート

血統:ネール傍系

アゼルとセットでネタになっている斧騎士。

エリートスキルのおかげで、育成に一切困らない。

第一章で手斧と勇者の斧を入手できるので、武器にも困らない。

斧の冷遇が厳しい聖戦の系譜で、追撃スキルも持っていないが、エリートスキルと勇者の斧のおかげで、全く弱いと感じないお得なキャラ。

ネール傍系で、HP、力、守備がよく上がり、騎兵としてはとても使いやすい。

杖キャラのエーディンやエスリンと同じぐらいの時期にクラスチェンジできるはず。

女性キャラクターとはアイラとの絡みがあるが、幼馴染のティルテュとの会話もほしかったと感じる。

父親としては、エリートを子ども2人に引き継げるので、とても優秀。

エリートを一番有効活用できるのはシルヴィア。

ブリギッドもパティがエリートを持てるのでオススメ。

王道カップリングのアイラも、双子はエリートと守備力アップで強くなるが、あまりに早く成長するので面白くないと感じるかもしれない。

幼馴染のティルテュも悪くはないが、やはり魔力の伸びは悪い。

あとの3人はスキルやステータスを見てもイマイチ感がある。

アゼル

キャラクター評価:C

クラス:マージ→マージナイト

武器Lv:炎B、雷C、風C→剣B、炎A、雷B、風B

スキル:追撃

血統:ファラ傍系

魔力が良く伸びる、優秀なマージ。

しかし、移動力5と、アーダンと同じく戦場にたどり着かない。

魔法系だが杖を使えないので、コツコツと敵を倒して育てていくしかない。

魔法は2回攻撃などもなく、闘技場クリアが非常に難しい。

クラスチェンジしてからは、移動力9となり、魔力も高くなっているため強くなるが、クラスチェンジまでの道のりが長い。

第一章サンディマのマジックリングは、是非ともアゼルで入手しよう。

また、斧冷遇と同じく、炎冷遇なので、サンダーやウインドを持つと、追撃と素早さを有効活用できる。

第三章の闘技場はクリアできるか微妙だが、エリートリングを購入できる資金は準備してあげると良い。

第四章にクラスチェンジできれば良いが、無理な場合は、第四章の市民を救出すると良い。

女性キャラクターとは、エーディンが好きでこの闘いに参加しているのと、幼馴染のティルテュとの会話がある。

父親としてはそこそこ優秀で、ラケシス、ティルテュは非常にオススメ。

フュリー、シルヴィアも悪くはない。

ブリギッド、アイラは全くよろしくない。

エーディンもレスターを考えるとオススメしないが、第四章でエーディンがレスキューの杖を入手できるので、それをメリットと考える場合はやってみても良い。

キュアン

キャラクター評価:B

クラス:デュークナイト

武器Lv:槍☆

スキル:連続

血統:ノヴァ直系

序章の登場時から、妻エスリンとラブラブアタックをする槍騎士。

ノヴァ直系のおかげで、HP、力、守備の成長率が良い。

シグルド、レックスと並んで、序盤の盾になるありがたい戦力。

始めから上級クラスだが、第一章までは敵が斧が大半で、武器の相性が悪い。

スキルも連続しかないので、単発攻撃で終わることが多い。

攻撃力は高いが、戦闘の計算はしにくい。

闘技場は勝ち抜くことができるので育てやすいが、第三章で離脱するので、レベル22ぐらいまでしか育てられないことが多い。

いつの間にかエスリンやフィンの方が強くなっている場合も多々ある。

フィンのステータスアップ会話や、プレゼント会話をしてくれる非常にありがたい上司。

エスリンからは第三章終盤に地槍ゲイボルグを受け取るが、ゲイボルグを活用できる期間が短すぎて悲しい。

明らかに、天槍グングニルの方が強く、神器としての影も薄い。

父親としては、リーフ、アルテナともに、バランスの良い強いキャラクターになるので優秀。

2人とも兵種スキルの追撃があり、連続と必殺も持っているため、子世代の中でも強い部類である。

フィン

キャラクター評価:B

クラス:ランスナイト→デュークナイト

武器Lv:槍B→槍A

スキル:追撃、祈り

キュアンの部下で、同じく槍を持って登場する。

序盤の斧相手は厳しいが、優秀な上司であるキュアンのおかげで、ステータスアップと勇者の槍を入手することができ、比較的育てやすい。

追撃スキルで戦闘は安定し、祈りスキルで闘技場クリアもしやすい部類である。

キュアン、エスリンと共に、第三章までで離脱してしまうため、優先的に育ててあげたい。

第二章のヴォルツが落とすエリートリングは、是非ともフィンで入手できるようにしてあげよう。

直前に勇者の槍を入手しているため、一気に戦力アップ、経験値入手が楽になる。

アイキャッチ122
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】エリートリング使い回しを考察【所持金・経験値稼ぎ】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のアイテム、『エリートリング』について考察します。 エリートリングは、経験値が2倍入るというスグ...

フィンは子世代でも働いてもらわないといけないので、第三章までにクラスチェンジをしておくと良い。

上司との会話はあるが、女性キャラクターとの会話は一切ない。

次作『トラキア776』ではナンナの父親として登場するが、本作ではフィン・ラケシスの絡みが全くない。

父親としては、幸運も上がりやすく、追撃、祈りがあるので、安定した子どもになる。

武器は一切引き継げず、フィン自身も父親になった場合は「てつのやり」1つで第七章に登場するので、その点では評価が下がる。

エーディン、ラケシスは攻略上もおすすめ。

子世代でフィンとラナ、フィンとナンナの会話もあるので良い。

アイラ、ブリギッドは平凡な子どもになってしまう。

他の3人は特に利点はない。

ミデェール

キャラクター評価:C

クラス:アーチナイト→ボウナイト

武器Lv:弓B→弓A

スキル:追撃、突撃

自軍1人目の弓兵。

スキルは優秀だが、ステータスは低く、武器も弱い。

弓は重く、ミデェールの素早さも高くないため、闘技場で勝ち抜くのは厳しい。

と思いきや、ジャムカのキラーボウを持つと、ミデェールも闘技場を比較的簡単にクリアできるようになる。

序章のユングヴィ城南西の村をミデェールで解放し、スピードリングを入手しておくと、第一章から闘技場をクリアできるため、育てやすい部類になる。

女性キャラクターとは、エーディンとブリギッドと会話がある。

王道カップリングはエーディンで、第四章で勇者の弓を入手できるためミデェールが強くなり、子どもも追撃持ちで引き継ぎも完璧にできる。

エーディンとくっつけない場合は、キラーボウを持たせてあげると戦力にはなる。

弓の引き継ぎはミデェール、ジャムカ、アーダンの3人に限られている中、追撃スキルがあるのはミデェールしかいないため、エーディンのカップリング候補第一位である。

それ以外の女性キャラクターは、本当にイマイチ。

「ミデェールを選ぶぐらいならば、こっちの方が」というパターンになってしまう。

デュー

キャラクター評価:C

クラス:シーフ→シーフファイター

武器Lv:剣C→剣A

スキル:値切り、太陽剣、(盗む)→値切り、太陽剣、(盗む)、(追撃)

超バランス型キャラクター。

HP以外の成長率がとっても優秀。

始めは、レベル1で鉄の剣1つで登場し、経験値稼ぎに苦労する。

しかし、回避率が高いので、第一章の斧兵から盗むスキルを使いながら、チマチマ経験値と資金を得ると良い。

第二章からは間接攻撃ができるひかりの剣をエスリンから譲ってもらって、経験値と資金を得るようにする。

デューの働きが、自軍の資金繰りのすべてなので、頑張って育てると良い。

闘技場をクリアするのも厳しいので、第三章のピサール部隊で資金稼ぎと「あげる」で経験値稼ぎをする。

第四章の終わりにクラスチェンジできれば良いので、市民救出が必要ならばデューにも回してあげよう。

クラスチェンジ後は余裕で闘技場をクリアできるようになる。

育てるのは苦労するが、クラスチェンジするとシーフファイターでは追撃スキルも付き、ステータスアップも大きいため、安心して戦場に放り込める。

移動力が7になるのも、密かに良い。

女性キャラクターとは、エーディンとラケシスとプレゼント会話がある。

父親としては、HPの成長率が低くなるのが難点だが、非常にバランスの良い子どもにはなる。

その分、爆発力はないが。

値切りスキルを子ども2人に引き継げるのは大きい。

値切りスキルを一番有効活用できるのはブリギッド。

武器の引き継ぎもスキルの引き継ぎもバッチリ。

太陽剣はスカサハ、ラクチェ、パティ、リーンの4人にしか引き継げないのが残念。

アイラとブリギッドはデューと非常に相性が良い。

追撃スキルがないので、エーディン、ラケシスはイマイチ。

魔法系のフュリー、シルヴィア、ティルテュもオススメしない。

ジャムカ

キャラクター評価:A

クラス:ボウファイター→スナイパー

武器Lv:弓A

スキル:連続、突撃、(追撃)

自軍2人目の弓兵。

ヴェルダンの三男坊だが、非常に強い。

初期装備のキラーボウと、追撃、連続、突撃のスキルで、とてもじゃないが、まともに闘おうとは思わない。

エーディンでさっさと仲間にして、早く安心感を得たい。

第一章から闘技場を余裕で勝ち抜けるので、終わればミデェールにキラーボウを譲ってあげると良い。

ジャムカははがねの弓でも十分闘技場をクリアできる。

女性キャラクターとは、エーディンとの絡みしかないが、エーディンの相手としては微妙。

ジャムカ自体は兵種スキルで追撃があり、加えて、連続、突撃、更にキラーボウで必殺も出るため、非常に強いが、個人スキルは連続、突撃だけなので、安定した女性キャラクターでないとイマイチになる。

なので、アイラとブリギッドがオススメ。

スカサハとパティに剣の引き継ぎはできないが、子どもたちはスキル、ステータスともに、かなり強くなる。

他はいつもの戦士系の男性キャラクター同様、オススメしない。

ホリン

キャラクター評価:A

クラス:ソードファイター→フォーレスト

武器Lv:剣A

スキル:月光剣、(追撃)

血統:オード傍系

第二章の闘技場で、レベル7のボスとして現れるオード傍系の剣士。

まだ聖戦の系譜に慣れていないプレイヤーには無視される場合もあり、私も初見プレイ時はホリンを仲間にしなかったという申し訳ない過去が。

登場時は「一体誰なんだ?」という疑問がプレイヤーを襲うが、第三章でアイラとプレゼント会話があり、第五章のアイラとの恋人会話で出身もわかるため、どんどん愛着が湧いてくるキャラクター。

ソードファイター+月光剣なので十分強いが、流星剣のアイラがいるため、どうしても見劣りしてしまう。

素早さはアイラに劣るが、HP、力、守備はアイラよりも高いので、十分強い。

アイラが強すぎる分、ホリンを強く育てたいと意気込むプレイヤーも多い。

父親としてのホリンのメリットは、月光剣と、HP、技の成長率の高さ。

追撃スキルは兵種スキルのため、引き継ぐことができない。

ただし、月光剣は太陽剣と同じく、スカサハ、ラクチェ、パティ、リーンにしか引き継げない。

これらを活かせる相手が良い。

オススメの相手は、月光剣を使えるアイラ、ブリギッド、シルヴィア。

月光剣パティは登場時から強く、月光剣リーンも簡単に闘技場をクリアできるため、いつもとは違う踊り子を見ることができる。

エーディン、ラケシスはステータスだけが良い、カリスマだけの2人になってしまう。

フュリー、ティルテュは魔力の成長率が皆無になるため、全くオススメしない。

レヴィン

キャラクター評価:S

クラス:バード→セイジ

武器Lv:炎C、雷C、風☆、光C→杖B、炎B、雷B、風☆、光B

スキル:連続、必殺

血統:セティ直系

登場時はチャラい男だが、セティ直系の優秀なユニット。

追撃スキルがなくても、エルウインドで十分に戦力となる。

初期値も高く、第二章から闘技城クリアは簡単。

第二章のマップ中央の村で資金稼ぎをすると、第三章でエリートリングを自力で購入できる。

クラスチェンジのステータスアップも大きく、一気に自軍の主戦力となる。

更に、第四章でフォルセティ入手後は手がつけられなくなる。

第五章の聖斧スワンチカとトールハンマーは神器にも関わらず、フォルセティが相手だと攻撃が当たらない。

強すぎて、フォルセティを封印してしまうプレイヤーもいるが、自軍にあれば攻略が楽になることは間違いない。

また、クラスチェンジ後は杖Bまで使えるため、いつの間にかレベル30になっている。

父親としては、魔法系の子どもと相性が良い。

フュリー、シルヴィア、ティルテュの場合はフォルセティの継承者になる。

フュリー・レヴィンの息子セティは次作『トラキア776』にも登場するという公式カップリング。

他の4人は、使えないフォルセティが所持品欄にあるのが悲しい・・・。

ブリギッドの場合は、「ファバルがイチイバル、パティがフォルセティ」と2人とも神器持ちになるが、やはり悲しい。

ベオウルフ

キャラクター評価:D

クラス:フリーナイト→フォレストナイト

武器Lv:剣B→剣A

スキル:追撃、突撃→追撃、突撃(連続)

第二章で、敵に槍兵も増えてきた頃に仲間になる剣使い。

はがねの剣1つで仲間になるのも切ない。

スキルは追撃、突撃と、非常に安定感があるが、なぜか強くはない。

扱い的には、ノイッシュ、アレクと同じだが、アレクよりは火力がある。

ベオウルフも、第三章以降の闘技場を、エリートリングと勇者の剣を持ってクリアすれば良い。

クラスチェンジすると、連続スキルが付き、使いやすくはなる。

ただし、力の上限値が低いので、パワーリングを使えると良い。

イマイチ中途半端なキャラクター。

女性キャラクターとはラケシスとの絡みのみ。

次作『トラキア776』で「ベオの剣」を装備できるデルムッドとフェルグスが登場し、存在としては気になるキャラ。

エルトシャンとも知り合い的な発言をする、謎のキャラである。

父親としては、スキルは良いが、ステータスはイマイチ。

ラケシスの場合、子ども2人はバランスのとれた良い成長をする。

その他の場合はイマイチ。

特にフュリー、ティルテュは魔力の成長率が皆無になるため、全くオススメしない。

クロード

キャラクター評価:A

クラス:ハイプリースト

武器Lv:杖☆、炎C、雷C、風C

スキル:なし

血統:ブラギ直系

第三章の終盤に仲間になる、上級クラスの杖使い。

登場時にレベル20で、所持品がリザーブの杖のため、杖を振っているうちにレベルが上がっていく。

杖の修理に必要な資金だけ、闘技場で稼げば良いという楽なキャラ。

物語上、深刻な話をしてくれるので、重要人物でもある。

女性キャラクターとの絡みは、ティルテュ、シルヴィア、エーディンの3人と。

父親としては、ブラギのおかげで魔力、魔防、幸運の伸びが良くなるので、活かせる相手を選ぶと良い。

個人スキルを持っていないので、相性の良い相手は限られる。

オススメはバルキリーの杖を引き継ぐことができる、シルヴィアとフュリー。

ティルテュは、追撃リングをアーサーに引き継ぐことができるならば、ステータスは良いのでやってみても。

他は、「力が上がらない、スキルが寂しい」となるので相性は良くない。

魔防の成長率が上がる唯一の男性キャラクターだが、力の成長率を考えて、相手を選ぶと良い。

「魔防が上がっても、力が上がらないのは辛い・・」と思うのならば、選ばない方が無難。

クロード・ブリギッドの場合も、「ファバルがイチイバル、パティがバルキリーの杖」と2人とも神器持ちになるが、やはり悲しい。

アイキャッチ132
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】親世代のユニット・キャラクター評価【女性編】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のキャラクター評価をしていきます。 聖戦の系譜の醍醐味は、全キャラクターを育成すること。 聖戦...

『聖戦の系譜』簡単オールA攻略(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ139
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価のエンディングを楽しもう!【まとめ記事】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のオールA評価攻略のまとめ記事です。 『聖戦の系譜』で、誰でも簡単にオールA評価のエンディングを...

ゲーマーも健康的に過ごす!

オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!