ゲーム

【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価を簡単にとる攻略法【第六章】

アイキャッチ107

『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』でオールA評価を安定してとるための攻略法です。

聖戦の系譜でオールA評価をとるためには、

・各章のターン数

・ユニットのレベルアップ

この2つを計画的に進める

「各章のターン数」の目安は以下の通り。

章クリアの目安

この数値は、余裕をもって達成できるターン数ですので、再現性は高いです。

今回から子世代に入ります。今回は第六章です。

アイキャッチ106
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価を簡単にとる攻略法【第五章】 引き続き、『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』でオールA評価を安定してとるための攻略法です。 聖戦の系譜でオールA評価をとるため...

【第六章】ありがたい親世代からの引き継ぎ

第六章から子世代がスタートします。

始めは自軍のキャラクターが少ないので、序章と同様、ゲームがサクサク進みます。

また、子ども達は親世代からの引き継ぎがあり、敵と比べて非常に強いので難易度が下がります。

自分は剣装備中心、敵は斧装備中心なので、敵の攻撃を回避しながら進めていきましょう。

子世代も引き続き、オールA評価をとるためにポイントを押さえてプレイします。

・経験評価のために、全員をレベル30に近づける

・経験値を効率良く稼ぐために、杖の無駄振りをする

・闘技場では、エリートリング、☆必殺付き武器、(パティもしくはデイジーの初期装備の)スリープの剣を使いまわしする

【第六章】光をつぐもの

第六章開始時は、セリス、スカサハ、ラクチェ、ラナの4人で、ティルナノグ城から出てきます。

序章と同様、次々と仲間キャラが増えていきます。

第六章の本城はティルナノグ城。

第六章は闘技場がないので、ティルナノグ城に戻る必要はありません。

ガネーシャ城制圧、ソファラ城、イザーク城を制圧、最後にリボー城を制圧します。

【第六章】50ターン

ガネーシャ城制圧:10ターン

ソファラ城制圧(ヨハンを仲間にした場合のみ):20ターン

イザーク城制圧(ヨハンを仲間にした場合):30ターン

イザーク城制圧(ヨハルヴァを仲間にした場合):20ターン

リボー城制圧:50ターン

ターン数はかなり余裕をもって見ています。

ガネーシャ城制圧まで

始めのセリス、スカサハ、ラクチェ、ラナの4人のうち、セリス、ラクチェ、ラナは確実に良い武器を引き継ぎできています。

*をつけた武器を必殺化していく。

セリス:ほそみの剣、ぎんの剣*、エリートリング

ラクチェ:てつの大剣、ゆうしゃの剣*

ラナ:ライブの杖、リブローの杖、ワープの杖

少なくとも、これらの武器や杖、リングを引き継いでいるので、そのまま進軍していきます。

スカサハは、剣を引き継ぎできる父親の場合は良い武器を持っていますが、無理な父親の場合はてつの大剣のみで現れます。

しかし、てつの大剣のみで十分やっていけるので、そのまま進軍して構いません。

もしも、セリスやラクチェの引き継ぎを受け取りたい場合は、一旦ティルナノグ城に戻って武器を中古屋で売り買いしましょう。

また、スカサハ→ラクチェの会話でラクチェの運が1上がるので1ターン目に済ませましょう。

・子世代は、兄弟の会話でステータスアップすることが多いので抜けなく済ませる

・兄弟の支援効果、兄弟隣接の必殺など、子世代は親世代よりも兄弟が多いため、戦闘を楽に進めることができる

セリスを先頭に、東に進軍していきます。

3ターン目に、ティルナノグ城西からオイフェ、デルムッド、レスターが登場し仲間になります。

デルムッド、レスターも父親によって、所持品が違います。

レスター→ラナの会話でラナの運が1上がるので済ませます。

序章と違い、7人全員で東のガネーシャ城に向かいます。

セリスはエリートリングを持っているので、優先して敵にトドメをさしていく

ハロルドを倒すとリターンリングが手に入るので、所持品や所持金の少ないキャラクターでトドメをさすと良い。

ガネーシャ城を制圧すると、レヴィンが現れ、ユリアが仲間になる。

ラナ→ユリアの会話で、ユリアがリライブの杖を入手するので、すぐにしましょう。

イザーク城制圧まで

ガネーシャ城制圧後、南西のリボー城からシュミット隊が出撃してきます。

さらに、イザーク城のヨハンとソファラ城のヨハルヴァもセリス軍と敵対します。

そして次のターンに、アーサーとフィーがソファラ城南に現れて仲間になります。

一気にいろんなことが起こりますが、順番にこなしていきます。

ラクチェでヨハン、ヨハルヴァのどちらかに話しかけると、一方だけが仲間になる。

攻略上もステータス上もヨハルヴァを仲間にした方が楽だが、どちらを選んでも良い。

【ヨハンを仲間にする場合】

ラクチェ:ヨハンに話しかける。

アーサー、フィー:ソファラ城が敵軍になるため、ソファラ城を守備している敵を倒す。村を破壊するマウンテンシーフを倒し、村を開放しながら、自軍に合流する。

セリス:ソファラ城を制圧し、本隊に戻る。ソファラ城制圧後にセリス→ラナの会話をすると、ラナの最大HPが上がる。

他のキャラクター:ヨハルヴァ隊をやっつけてイザーク城に向かう。途中、シュミット隊と出会うので戦闘するが、シュミットは倒さずに、リボー城に増援を呼びに行かせる。

【ユリアの光魔法について】

・ソファラ城を制圧後に、ユリア→セリスの会話で、ユリアがオーラを入手。

・イザーク城を制圧後に、ユリア→セリスの会話で、ユリアがリザイア入手。

上の会話は1回しかできないため、リザイアを入手するために、イザーク城制圧後の会話がオススメ。

ヨハンを仲間にした場合は、イザーク城が同盟軍になるため、このままだと制圧できない。

よって、イザーク城を一旦シュミット隊に制圧させ敵軍にしてから、セリスで制圧すると良い。

同盟軍から敵軍になった場合は、攻略評価には影響はないのでこの方法でリザイアを入手する。

【ヨハルヴァを仲間にする場合】

ラクチェ:ヨハルヴァに話しかける。

アーサー、フィー:ソファラ城が同盟軍になるため、ソファラ城は無視して良い。村を破壊するマウンテンシーフを倒し、村を開放しながら、自軍に合流する。

他のキャラクター:ヨハン隊をやっつけてイザーク城に向かう。途中、シュミット隊と出会うので戦闘するが、シュミットは倒さずに、リボー城に増援を呼びに行かせる。

イザーク城を制圧すると、ユリア→セリスの会話が発生するので、ユリアがリザイア入手し闘えるようになる。

リボー城制圧まで

ユリアがリザイアを入手した後は、ユリアをシュミット隊の攻撃の受け手にして、ユリアの経験値を稼ぎます。

ユリアをシュミットの攻撃範囲に入らない場所に配置し、反撃でHPが全回復する戦闘を繰り返します。

45ターン目にシュミットを倒す目安で、それまでシュミット隊の増援で経験値稼ぎをします。

シュミットはゆうしゃの斧を落とすので、ヨハンもしくはヨハルヴァで倒しましょう。

シュミットを倒した後は、リボー城のダナンを倒します。

ダナンは間接攻撃ができないので、弓や魔法で間接攻撃をして倒すと安全です。

子世代のカップリングについて

聖戦の系譜は子世代で終わるので、子世代のカップリングが後々に関わることはありません。

しかし、カップリングによって、恋人支援や恋人隣接の必殺、ステータスアップの会話、所持金の譲渡など、攻略上メリットが多いので、第六章からカップリング成立を進めていきましょう。

ただし、第十章まで、男女ともに恋人がいない場合に発生するステータスアップの会話もあったりするので、カップリング成立をわざと遅らせるのも手です。

特にセリスとラナはカップリング成立が早いので、避けたい場合はソファラ城制圧後の会話をしないなど、選択をする必要もあります。

子世代のカップリングは自由度が高いので、いろいろ試してみると楽しいです。

アイキャッチ108
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価を簡単にとる攻略法【第七章】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』でオールA評価を安定してとるための攻略法です。 聖戦の系譜でオールA評価をとるためには、 ...

『聖戦の系譜』簡単オールA攻略(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ139
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価のエンディングを楽しもう!【まとめ記事】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のオールA評価攻略のまとめ記事です。 『聖戦の系譜』で、誰でも簡単にオールA評価のエンディングを...

ゲーマーも健康的に過ごす!

オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!