ゲーム

【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価を簡単にとる攻略法【第二章】

アイキャッチ103

引き続き、『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』でオールA評価を安定してとるための攻略法です。

聖戦の系譜でオールA評価をとるためには、

・各章のターン数

・ユニットのレベルアップ

この2つを計画的に進める

「各章のターン数」の目安は以下の通り。

章クリアの目安

この数値は、余裕をもって達成できるターン数ですので、再現性は高いです。

今回は第二章についてです。

【第二章】経験値獲得・資金確保・恋愛進行を計画的に

第二章からは、こちらの戦力が増える分、敵の騎兵も増え厳しい闘いになってきます。

本城で十分準備してから進軍するようにしましょう。

第二章は特にマップ上を動き回る必要があり、歩兵が戦場にたどり着くまでに、騎兵のみで戦闘を行うパターンが多いです。

フィールドでの歩兵の経験値獲得はある程度諦める必要がある章です。

闘技場での経験値獲得と資金獲得をもれなく達成し、進軍中は恋愛進行を進めていく、なかなか忙しい章になっています。

【第二章】アグストリアの動乱

ゲーム開始時のメンバーは15人です。

シグルド、ノイッシュ、アレク、アーダン、キュアン、エスリン、フィン、レックス、アゼル、ミデェール、エーディン、デュー、アイラ、ジャムカ、ディアドラ

第二章はラケシスが守備するノディオン城を守り、ノディオン3兄弟が全員生存した状態で章を終わらせる必要があります。

また、マウンテンシーフが村を破壊し始めるので、進軍開始直後からとても忙しいです。

本城で準備をきちんとしていきましょう。

第二章は、第一章と同じエバンス城が本城。

はじめに、ノディオン城に到着し、ラケシスを仲間にします。

その後、ハイライン城、アンフォニー城、マッキリー城、アグスティ城の4つの城を順番に制圧していきます。

【第二章】35ターン

ノディオン城到着:4ターン

ハイライン城制圧:10ターン

アンフォニー城制圧:18ターン

マッキリー城制圧:25ターン

アグスティ城制圧:35ターン

ターン数はおおよその目安ですが、早くできる場合は早く制圧していきましょう。

エバンス城での進軍準備

第二章も、本城でできるだけ闘技場を勝ち抜くように進めていきます。

闘技場のLv.7でホリンが登場しますので、倒して仲間にしておきます。

ホリンを倒した後は、Lv.7がフォーレストのケイモスに変わり、ホリンよりも強敵です。

ホリンはキュアンで倒しておくと無難です。

また、章の途中でエリートリングを入手できるので、エリートリングを入手するキャラは、章の終わりに闘技場に行ったほうが良いです。

第二章でエリートリングを中古屋でやりとりする資金はないので、エリートリングを入手するキャラ以外は、章の始めに闘技場に行ってOKです。

・始めにキュアンで闘技場を勝ち抜き、ホリンを仲間にする。

・シグルドは本城に帰ってこないため、闘技場を最後まで勝ち抜いておく。

・フィンはエリートリングを入手予定のため、闘技場には行かない。

・シグルド以外は本城に帰ることができるため、現状で勝ち抜けるところまで闘技場を進めておくと良い。

・ホリンも忘れずに闘技場に行く。

闘技場が終われば、修理屋と中古屋、道具屋を利用して荷物整理をしましょう。

第二章の始めは騎兵が戦闘の中心になります。

キラーボウはジャムカよりもミデェールに持たせてあげましょう。

エスリンの魔力が低いので、エーディンのリライブの杖を持たせてあげましょう。

経験値もライブよりもリライブの方がたくさんもらえます。

【荷物整理】

リング系はそのままでOK。

*をつけた武器を必殺化していく。

シグルド:ぎんの剣*

ノイッシュ:はがねの剣、てつのやり

アレク:はがねの剣、てつの剣、てつのやり

アーダン:ほそみの剣、てつの剣

キュアン:はがねのやり、てやり

エスリン:ほそみの剣、(エーディンの)リライブの杖、リターンの杖

フィン:(道具屋の)はがねのやり、てつのやり、てやり

レックス:ゆうしゃのおの、ておの、はがねのおの、てつのおの

アゼル:(道具屋の)サンダー

ミデェール:てつのゆみ、キラーボウ*

エーディン:(エスリンの)ライブの杖

デュー:てつの剣

アイラ:てつの大剣

ジャムカ:(道具屋の)はがねの弓

ディアドラ:オーラ、サイレスの杖、サークレット、(エーディンの)ワープの杖

ホリン:てつの大剣

雪乃
雪乃
できるだけレベルをあげて、持ち物整理をしたら出撃です。

ノディオン城到着まで

第二章のスタートは、ひたすら急ぎます。

4ターン目にシグルドがノディオン場のラケシスに話しかけられるようにしましょう。

ハイライン軍がノディオン軍に襲いかかりますが、左端のイーヴの死亡率が高いです。

ノディオン3兄弟が生存している状態で第二章を終えると、ラケシスがナイトリングを入手しますので、必ず3兄弟を生存させましょう。

まず、エバンス城からはシグルド、キュアン、レックス、ミデェール、他の騎兵の順に出撃します。

1ターン目にディアドラ→エスリンの会話をして、エスリンがひかりの剣を入手します。

エスリンも急ぐ必要があるので、ディアドラの最大限の位置の横にエスリンを配置します。

歩兵キャラも、西に進軍します。

・エーディン、ディアドラ、アーダンは本城に残る。

・毎ターン、ディアドラはワープの杖でひたすらレベルを上げる。

・ディアドラは闘技場とサイレスの杖を売ることでワープの杖の修理代を稼ぐ。

エーディン、ディアドラ、アーダン以外のキャラクターは、毎ターン最大限西に移動しましょう。

ノディオン城到着までは、イーヴの生存がすべて。

一刻も早くエスリンのリライブの杖で回復してあげましょう。

ちなみにエリオットはぎんのやりを落とすので、キュアンでトドメをさすようにしましょう。

ラケシスを仲間にすると、ライブの杖で回復できるので、ノディオン城周りが落ち着いたら回復すると良いです。

ハイライン城制圧まで

ノディオン城に到着したのもつかの間、ハイライン城制圧まで急がないといけません。

中央の一番西にある村がマウンテンシーフに破壊されないように、11ターン以内でハイライン城を制圧できるように急ぎます。

エリオット隊が終わると、北西にフィリップ隊がいるので、すぐに戦闘をしかけましょう。

少し敵をおびき寄せながら、ハイライン城に急ぎます。

フィリップはリターンリングを落とすので、エスリンでトドメをさせると便利です。

・ラケシスを仲間にすると、ラケシスの周りを囲むようにノディオン3兄弟が配置される。

・ノディオン3兄弟の攻撃範囲に敵が入ると突撃していくので、注意が必要。

・ラケシスも戦闘に参加して良いが歩兵なので間に合わない場合が多い。

・デュー→ラケシスの会話をすると、ラケシスがとうぞくの剣を入手するので必ずしておく。

フィリップ隊が終われば、後は楽。

ハイライン城のボルドーはバリアリングを落とすので、良いキャラでやっつけましょう。シグルドでもOK。

ハイライン城を制圧すると、怒涛の第二章が一旦落ち着きます。

アンフォニー城制圧まで

ハイライン城を制圧すると、中央の一番東の村からレヴィンとシルヴィアが登場します。

一度にいろんなことをしないといけないので、忘れずに役割を果たしましょう。

レヴィン、シルヴィア:レヴィンは始めのターンで南のマウンテンシーフに攻撃し、シルヴィアで踊り、急いで一番西の村に2人で向かう。一番西の村はねぎりの腕輪があるので、必ず助ける。2人でマウンテンシーフをすべて片付ける。

アーダン:ディアドラのワープの杖で、ハイライン城まで飛ばしてもらう。アーダンはハイライン城南の岬に待機し、ついげきリングを入手する。

ディアドラ:本城で、エーディンを相手に、ワープの杖でレベルアップし続ける。

キュアン:ハイライン城制圧後すぐに、キュアン→フィンの会話をして、フィンがゆうしゃのやりを入手する。

フィン:ヴォルツにトドメをさし、エリートリングを入手する。

10000ゴールド以上持ったキャラクター:ベオウルフに話しかけ、仲間にする。

アンフォニー城までは、まずヴォルツ、ベオウルフ隊を相手にして、その後、アンフォニー城周辺の敵と闘います。

同時に相手にすると面倒なので、順番に相手をしましょう。

アンフォニー城のマクベスは、シールドリングを落とすので良いキャラクターでトドメをさしましょう。

シグルドでアンフォニー城を制圧します。

アンフォニー城の次はマッキリー城なので、ある程度片付いたら、マッキリー城まで向かい始めましょう。

・ベオウルフ→ラケシスの会話はラケシスのステータスが上がるので必ず行う。

・アレク→シルヴィアの会話は恋愛値が上がってしまい、4章途中で必ず2人が結ばれてしまうので、2人をカップリングしない場合は絶対に話しかけない。

・ねぎりの腕輪の村はシルヴィアで訪問すると良い。

・レヴィンはいくつか村を訪問しても良い。

・残りの村は後でフュリーが訪問する。

・エスリンはレヴィンをリターンの杖で本城に送る。

・シルヴィアは、毎ターン最大4人を再行動させる。

マッキリー城制圧まで

アンフォニー城制圧後、ペガサスナイトのフュリーが敵として現れます。

アグスティ城からエバンス城に攻めて来ますので、レヴィンで待ち受けましょう。

それぞれの動きは以下の通り。

アーダン:ついげきリング入手後、戦場に参加する。

エーディン:レヴィンが本城に帰って来たら、ディアドラにマッキンリー城に送ってもらう。ライブの杖を持っていく。

ディアドラ:レヴィンを相手に、ワープの杖でレベルアップし続ける。

レヴィン:闘技場で稼ぎ、フュリー隊到着を待つ。フュリー隊が到着したらエバンス城の守備をし、フュリー隊と闘う。最後のフュリーには話しかけて仲間にする。

ディアドラ、レヴィン以外のキャラクターは、全員マッキリー城に向かいます。

途中、マッキリー城周辺の高台にアーチが5体出現するので、攻撃範囲を確認して、マッキリー城に攻めていく必要があります。

マッキリー城を制圧すればアーチは消えるので、城の周りのマッキリー軍をおびき寄せた後は、一気に城を制圧しましょう。

クレメントを倒すと、スリープの杖を入手でき資金になりますが、シグルドでトドメをさすのが楽です。

アグスティ城制圧まで

やっとマッキリー城まできました。

あとはアグスティ城制圧のみです。

それぞれの動きは以下の通り。

ディアドラ:本城にいるキャラクターを相手に、ワープの杖でレベルアップし続ける。

レヴィン:闘技場を最後まで勝ち抜き、フュリーを仲間にしたら、ディアドラにワープの杖でマッキリー城まで飛ばしてもらう。

フュリー:闘技場に参加後、ディアドラにワープの杖でマッキリー城まで飛ばしてもらう。中央の村で訪問していない村を訪問する。その後、戦線に参加。

エスリン:アグスティ軍との戦闘が終わる辺りから、闘技場を勝ち抜いていないキャラクターをリターンの杖で本城に帰す。シグルド以外は帰して良い。

フィン:エリートリングを入手したので、闘技場に行く。エリートリングを持ったまま第二章を終える。

アグスティ軍のザインがナイトキラーを、アグスティ城のシャガールがリブローの杖を落としますが、誰でトドメをさしても構いません。

シグルドがアグスティ城を制圧するターンまでに本城での闘技場を終わらせるようにしましょう。

第二章でいろんな武器が手に入ったので、闘技場でのポイントを追記します。

・ざんてつけんでアーマー系に特攻、ナイトリングでナイト系に特攻が出るので有効活用する。

・フィンのゆうしゃのやりを、フィン、フュリーで使い回すと、楽に闘技場を勝ち抜ける。

・アーダンはついげきリングで、追撃が出るようになるので勝ち抜きやすくなる。

闘技場を終わらせたら、アグスティ城を制圧して終了です。

ノディオン3兄弟が生存していると、ラケシスがナイトリングを入手するので、ありがたく頂きましょう。

お疲れ様でした。

恋愛値を常に意識して進める

第二章は、フィールド全体を走り回り、歩兵にとっては厳しい章でした。

全力でフィールドを駆け抜ける場合も、常に恋愛値を意識する必要があります。

歩数が合う男女をカップリングしたい場合は、常に隣接させます。

アイラとホリンをくっつけたい場合は楽です。

歩数が合わない男女の場合は、進軍が落ち着いたら隣接させるようにします。

アイラとレックスの場合は、ハイライン城制圧後ぐらいから隣接させ続ければOKです。

そして、第二章で仲間になったフュリーは、レヴィン以外とカップリングしたい場合は、フュリーの村訪問が終わった直後から常に隣接させましょう。

フュリーは親世代唯一の飛行キャラなので、意識しないと結ばれることなく親世代が終わってしまいます。

恋愛値を上げて、カップリング成立し始めると、さらにクリアが楽になってきます。

雪乃
雪乃
代理キャラクタープレイの場合も、特に攻略に変更はありません。カップリングを成立させたらダメなので、男女の隣接をしないように心がけましょう。

ナイトリングを入手して、経験値を獲得しやすくなってきました。

第三章はますます楽になってくるので、頑張りましょう。

『聖戦の系譜』簡単オールA攻略(まとめ)はこちら↓

アイキャッチ139
【ファイアーエムブレム聖戦の系譜】オールA評価のエンディングを楽しもう!【まとめ記事】 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のオールA評価攻略のまとめ記事です。 『聖戦の系譜』で、誰でも簡単にオールA評価のエンディングを...

ゲーマーも健康的に過ごす!

オンラインパーソナルジムのご紹介

* クリックすると外部リンクに移動します。

ウェルスダイナミクス

あなたの才能はどのタイプ?

簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みがすぐわかる!

自己分析ツールとして知られている『ウェルスダイナミクス』をご紹介します。

ウェルスダイナミクスの「プロファイルテスト」と「スペクトルテスト」を利用することで、

「自身の強みを正確に知り」

「必要とされている場所に動く」

「必要としている人と組む」

そして、“経済的な自由を手に入れる!”ことができる。

仕事やお金に関する課題に対して使える理論が『ウェルスダイナミクス』ですが、人間関係やパートナーシップの課題にも使えます!

人生における仕事やお金、人間関係に関して、自分の強みを自信に変えることができる『ウェルスダイナミクス』。

まずは、自分の周波数が分かる無料の「ジーニアステスト(簡易テスト)」を受けてみませんか。

\氏名とメアド入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

自分のプロファイルを知りたい方はこちら。

ジーニアステスト(簡易テスト)よりも周波数をより深く分析し、プロファイルを知ることができます。

\基本情報入力で受験可能/

* ボタンをクリックすると外部リンクに移動します。

アイキャッチ135
【ウェルスダイナミクス】自分の強みを自信に変える自己分析ツール【仕事・お金・人間関係】 『ウェルスダイナミクス』をご存知でしょうか。 『ウェルスダイナミクス』は、自己分析ツールの1つです。 しかし、自分を知って終わり...
アイキャッチ136
【ウェルスダイナミクス】4つの周波数とは?自分の才能を知る!【自己分析】 日常生活における仕事・お金・人間関係の悩みは、尽きることがありません。 それらの悩みを解決し、仕事やお金、プライベートもすべて、充...

スポンサーリンク



こちらの記事もおすすめ!